オッズの魔法使い

ペイシャクエーサー.JPG本日も先週の鉄板報告。

「鉄板」の事をよくご存じでない読者の方に簡単に説明すると、当店がお客様に提供しているサービスショットの争奪戦。

各種イベントの予想的中や、愛馬、PO馬勝利によるお祝いとして提供しているサービスショットを鉄板に参加されているお仲間さんが取り合うゲームです。

さて、土曜日の鉄板は、せっかく獲得したサービスショットを皆さんに振る舞う事になったさざろーさんと啓太郎さんがドボン!(四着)でプレゼンター(ドボン筆頭&番手)。

三番手は、新潟10レースで四着になったビューティフルディに投票した私でした。

既に終盤戦。残る三頭では、チカさんの投票馬エアコンヴィーナ号が一番人気も、他の二頭は四番人気と六番人気。

仮にドボン(四着)でも私の投票馬(二番人気)を上回る事がないので、エアコンヴィーナ号が11着に惨敗したところで、ほぼ私のドボンは決定的と思ってました。

それでも、主催者として実況と成績確定をしなければならないので、オーラス大西洋さんの投票馬ペイシャクエーサー号の決着を見届けなければなりません。

ところが、三時過ぎ(私の投票馬がドボンした直後)に確認した時には六番人気だった同馬が、なんと!一番人気(驚)。

「こんな事もあるんや~」これなら二番人気に落ちてもオッズが4.7倍以上にならない限り逆転ドボンの可能性がある。

結局、一番人気を背負って走ったペイシャクエーサー号(写真)。それでも、四着以外なら惨敗でも逆転ドボンの願いは届かないのだが・・・

こう言う時に、一発回答で結果を出してくれるのがスーパークローザー大西洋さん。今日だけは「さすが俺!」と、言ってもいいですよ(笑)。

シャーレイポピー.JPG翌日曜日は、難解なレースが多いからか? 対決レースがなんと7レースも(史上初)。

そもそも対決レースは、「それ、鉄板違うやろ」と、対抗馬を立てられる難解なレース。ドボンが多く発生するのも納得が行く。

しかしながら、この日の対決レースは、ワンツーフィニッシュが多く、後半のレースまで主役の登場はなく着順判定。

最初に、四着を記録したのは、新潟10レースのシャーレイポピー号(写真)。実はこのレースも対決レースで、この日唯一の三頭対決でした。

ゼノヴァース.JPG続く函館11レースは、対決ではないものの308さんの投票したゼノヴァース号(写真は二着争い)が四着でドボン番手。

三番手は、先日の日記でも書きましたが、最下位から六頭目が基準。

この日のメインレースであるアイビスサマーダッシュに出走したモントライゼ号に投票した私に、喧嘩を売って来たのがネボちゃんのセピアノーツ号。まさに「みんなでワイワイ競馬」での公開処刑となったこのレース。

結果は、モントライゼ12着、セピアノーツ13着で一馬身差でネボちゃんがアウト!

先週は、土曜も日曜も、ギリギリのところでドボンを免れて遂に今年度最高の-3杯まで浮上。今週地下脱出を狙います。

ドボンしないようにしなければ・・・

"オッズの魔法使い" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント