愛馬登録表を一新

DSC_1738.JPG今週は、フィリーズレビューに愛馬エルカスティージョ号が出走予定。

と、言ってもフルゲート18頭に対し27頭の登録。一勝馬なので抽選を突破しないと出走できません(月曜日に日記を書いています)。

一勝馬は18頭なので、確率は18分の9。出走確率50%ですが、新馬を二馬身半差で楽勝しただけに期待大。

あれっ?週刊競馬ブックの登録馬出走表を見てみると、全然印がないなぁ~。やはり親バカか?それでも、本紙担当の方が五番手の評価。コメントも「文句のつけどころなし」と、書いてある(写真)。

出走が叶うかどうか微妙ですが、出走できた時には応援よろしくお願いいたします。

キャロット.jpgさて、競馬ファンと言えば馬券で競馬を楽しむファンもいれば、一口馬主として愛馬を持って競馬を楽しむファンもたくさんいて、K-BARのお客様も馬券ファンと同じくらい一口馬主さんがいらっしゃいます。

K-BARでお客さんとなり、私と共同で愛馬を持つ事で一口の仲間入りを果たし、やがて自分名義で愛馬を持つようになったお仲間さんもたくさんいらっしゃいます。

お店でも、イベントの景品に一口馬主出資権を景品にしたり、愛馬登録をして頂き愛馬が優勝した時には、お祝いのワンショットをプレゼントしています。

週明けのホームページで、愛馬勝利のワンショットプレゼントを発表している元になっているのが、お客様の愛馬リスト。

今回、愛馬リストをクラス別に色分けしてみました。

未登録、未出走、未勝利は紫。そして、勝ち星を挙げた愛馬は、枠色と同じ一勝が白、二勝が黒、三勝が赤と言う順に色分けしていき、現在の登録馬で最多勝利の八勝桃色は、パフォーマプロミス号、クリソベリル号、インディチャンプ号、ロードレガリス号の四頭ですが、残念ながらK-BARのお客様ではオーナーがいません。

愛馬登録がある中で、一番勝ち鞍が多いのは、ブラストワンピース号(ピーさん、雪風さん)と、ダイアトニック号(もっさん)の二頭。

すなわち、この二頭を持っていれば、K-BARでお祝いのワンショットが七回プレゼントされた訳でまさに孝行息子。

そんな特典を用意していますので、一口馬主をされているお仲間さんは、ご来店時に愛馬登録をしてくださいね(馬名が決まった時点で受け付けます)。

シルク.jpgしかし、一口馬主クラブでも、会員の数に差があって、登録の多いクラブと少ないと言うよりいないクラブがあります。

多いのは、希望馬が買えないと悲鳴が挙がっているシルクと、今や会員にすらなれないと言うキャロット。そして、会費の安さとデアリングタクト号の登場で会員急増中のノルマンディーあたりでしょうか。

社台やサンデーなど、四十分の一のクラブの登録が少ないのは絶対数が少ないので当然としても、現在登録がないクラブは、友駿、ライオン、タイキ、広尾、YGG、DMMの六クラブ(いずれも以前は何名かの登録がありました)。

K-BARのマドンナりっちゃんもノルマンディーの会員さん。そして、スズカちゃんは、「どこかのクラブで愛馬を持ちたい」と、言っていて、どうやらライオンにお気に入りの仔がいるようで「ライオンでK-BAR初の会員になります」との事。

優勝して喜びの乾杯は、少なくとも一年先になりそうです。

<続き> 木曜の夜に書いています。

エルカスティージョ号、無事抽選を突破してフィリーズレビューに出走できる事になりました。

水曜日、ジュンイチさんが、「愛馬とPO馬(アカイトリノムスメ号)、どっちも桜花賞に出走したらどっちを応援します?」

「もちろん愛馬ですよ」

でも、PO馬にも頑張ってもらいたいな。できればワンツー。いや一着同着がいい。

そんな贅沢な悩みが持てるのも優秀な愛馬(PO馬)を持ったからこその悩みですが・・・

"愛馬登録表を一新" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント