十二番勝負!最後の凌ぎ合い

画像春のG-Ⅰ「炎の十二番勝負!」は、いよいよラストステージの宝塚記念を残すのみ。
http://k-bar.jp/spring_g1race.html

今年の宝塚記念は、キタサンブラック一強ムードが濃く、有力馬が続々と回避して、登録段階で11頭と寂しい顔ぶれとなりました。

ここまで来ると、一発逆転優勝を狙う参加者さんと、優勝を諦めてワンショットを取りに来るお仲間さんで二分。

そして、逆転優勝を狙えるのは選ばれた数名の狭き門となります。

画像上位にいて、倍率を持っているお仲間さんが候補なのですが、十倍(単勝オッズ)を割るであろうシュヴァルグラン、シャケトラで逆転できるのは国玉さん只一人。

首位の私、キタサンブラックのオッズが2.2倍つかない限りキタサンブラックに投票する必要がないので、他の馬から一頭投票できて二頭でリーチをかけれる俄然有利な立場。

国玉さんと私が、どの馬に投票するかによって、下位で逆転を狙う参加者さんの投票が決まる訳ですが、今年は最大で11頭と選択肢も少なく。倍率があって得点のない参加者さんや得点があっても倍率のないお仲間さんにとっても苦戦を強いられそう。

画像一応、木曜時点で、キタサンブラックとサトノクラウンが私(変更の可能性あり)、ミッキーロケットがサミーさんかみっきいさん(オッズ次第)、ゴールドアクターがフグタさん(オッズが11倍以上なら)、クラリティシチーがジュンイチさん、ヒットザターゲットがヤナさん、レインボーラインがキュンキュンさん、ミッキークイーンが大西洋さんで、シュヴァルグランとスピリッツミノルには投票がありません。

まだまだ、倍率があって得点上位の国玉さん、タンさんが無投票なので、優勝予想の行方さえわかりませんが、この凌ぎ合いは土曜の夜まで続くでしょう。

こうなると、倍率を持っていても得点下位の参加者さんは、「上に書かれた時点でジ・エンド」。

「優勝以外何もいらない!」と、言うお仲間さんは、残った馬に投票するしかありません。

まぁ、ほとんとんの参加者さんがキタサンブラックに投票して、堅くワンショットを狙うのでしょうけど・・・

「タンさんが何を入れるか気になりますね~」と現在四位のサミーさんでも、首位と一万以上の差があり11倍以上つく出走馬でないと可能性がなく、同じ倍率で240P上の三位タンさんの投票馬と被っても優勝できない苦しい立場。土曜日は、オッズと睨み合いながら最終投票の駆け引きが深夜まで続くでしょう(笑)。

"十二番勝負!最後の凌ぎ合い" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント