第二回ダビスタ選手権

画像おはようございます。只今日曜の午前十一時。

今話題?のW被せ馬。昨日は二頭とも三着。

昨日は、三場開催と言えど、鉄板と言える馬が少なく。選択肢が少ないがゆえのW被せ(単勝配当も二倍台後半)。信頼度は今イチで、所謂押し出されてのW被せ。本日のW被せ馬とは勝手が違ったようです。

そして今、本日のW被せ馬(どちらも単勝一倍台)がレースを終え、一着と二着。これで、九戦五勝ドボンゼロの+15杯。初ドボンを記録するまで、どれだけ配給を伸ばせるか興味津々です。

一方で、昨日ドボンしたのは、やはり単独投票馬。これで、今年度のドボン馬は、開催八日間で十頭すべてが単独投票馬となり、こちらも記録更新。

本日も、単独投票が、八頭。もし記録を伸ばすとなれば、次週以降、誰かの投票に被せるか?誰かに被せてもらわないと不安ですよね(爆)。

画像さて、昨日は、第二回のダビスタ選手権を開催(写真)。

当初、十名のエントリーでしたが、三名が欠場。ダビスタをされていると言う二名のお仲間さんに飛び入り参加をお願いしましたが、「まだ馬がスタンバイできていない」と、言う事で次回への参加を約束されて観戦。

レースは全部で九レース。

その全てにおいて、圧倒的な人気と実力を証明したのはアルちゃん。

「ちょっと手加減してくれ」と、明らかに適正外の馬を出走させたレース以外は勝ち負けで、その成績は6-2-0-1。

下馬評通り、アルちゃんとTKO倶楽部さんが上位を占める中、頑張ったのがねぼちゃんで二勝の大健闘。

聞けば、成績上位の皆さんは、「もうすぐ千年」と、言われるぐらいオーナー歴数百年。

一方で、最下位を争ったKEIさんとポケちゃんは、まだ30年そこそこ。

ダビスタに於いて、キャリアは決定的なレーティングの差を広げてしまうようです。

「おもしろい!第二回やろう」と、前向きなKEIさんに対し、「ダビスタ卒業しようかな」と、後ろ向きなポケちゃん。

同じ最下位争いをした二人で見解は真っ二つ(笑)。

尚、優勝されたアルちゃんには、ジョッキーのサイン入り優勝ゼッケン(協賛栄進堂)をプレゼントいたしました。

「ハンデ戦をやって欲しい」と、悲鳴の上がるライバル陣営。あるばら厩舎の強さに圧倒された今回。次回は、アッと言わせるような強い馬を育てて、アルちゃんにリベンジしてくださいね。

今回、仕事で参加できなかったお仲間さんも、次回は是非参加して楽しみましょう♪(開催日程は、また日記及び掲示板にて告知)

画像写真は、先日お電話でご予約頂きご来店になった特急しまかぜさんとお友達のお二人。

写真左より、しまかぜさん、競馬カナザワさん、あるふぉーとさん。

三人は、同じ大学で競馬仲間。特急しまかぜさんに競馬のおもしろさを教えたのは、隣のお二人だそうで、競馬カナザワさんは、その名の通り競馬専門紙の会社に勤め、金沢競馬の新聞で予想をされているそうです。

昨夜は、イベントデーで、初めてお越し頂いたお二人にはあまりお相手できず、申し訳ありませんでした。

それでも、「ダビスタ選手権」を興味深く観戦されていた三人。「今度は、ちゃんと馬をスタンバイして来ます」と、しまかぜさん。次回のエントリーお待ちしてますよ。

参加者の一人から「実況があったらもっと盛り上がるのに・・・」(実況は画面下部にテロップで表示)

「今度、スペシャルゲストに舩山さんを呼ぼう」なんて話も出てました(笑)。

来てくれる訳ないやろ! ギャラ徴収するぞ(爆)



"第二回ダビスタ選手権" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント