お客様対応の奥の手

画像「何か一曲歌ってください」

この言葉は、スナック、ラウンジで働く女の子が、お客様との会話が途切れた時に使う奥の手。

K-BARでは、カラオケの代わりに「ポイントダービー」の投票用紙を出して、「自信のレースを予想してください」と言う奥の手がある。

この手は、初来店よりも二度目の来店の時「顔は覚えているけど、名前が出て来ない・・・」と、言う時にカンニングペーパーとしての効果もあったりします(秘)。

お仕事(商売)だから、苦手なお客様を作ってはいけないのですが、どちらかと言うとガンガン喋ってくれるお客様の方が、無口なお客様よりお相手しやすいと言うのが本音。

寡黙なお客様に、何とか楽しんで頂こうと、ネタ振りをするのですが今イチ盛り上がらなくて、奥の手で使う「ポイントダービー」や「十一番勝負!」も、「やめとく」と、言われては、もうお手上げ(笑)。

「万馬券ベストテン」で、お馴染みの一見さんも、そんな一人。

ゲットされた万馬券を「どうして、あの馬が買えたんですか?どんな予想をされているんですか?」の問いにも「サイコロ振って決めてるんや」と、核心に触れず、話が盛り上がらないので、奥の手で出したイベントの用紙も、「直前でないと閃かないから、やめとく」と、興味を持ってくれなくてお手上げ。他のお客様とお話しもされないし・・・(汗)

苦手と言うより、成すすべ無し状態の私に、助け船を出してくれたのは、湖乃美嬢。

「今日は、サイコロお持ちなんですか?」と、サイコロ振って高額配当をバシバシ当てる一見さんに、興味津々で話しかけてました。

そう言えば、今年は、一見さんから万馬券報告がないなぁ~。

さて、ローカル開催が始まっても、連日初来店のお客様が訪れるK-BAR。

昨夜も、「ホームページで見た」と、初来店のお客様がK-BARの扉を開いてくださいました。

尼崎からお越しのN.Yさんは、競馬歴四年。一口やPOGもやらない馬券一筋の競馬ファン。

「ならば」と、イベントの用紙を出して「自信のレースを予想してください」と、お勧めすると真剣な眼差しで予想されていました。

隣で、博士さんが鉄板の話をするので気になって「鉄板って何ですか?」と、質問を受けたが、さすがに初来店のお客様に鉄板はお勧めしません。

初来店より二度目の来店が嬉しい私。その心は、初来店は興味本位、二度目の来店でお客様になってくれた事を実感するから。

次回来店時には、是非、鉄板を・・・いや、やめておきます(汗)。尚、写真はNGだそうです。

"お客様対応の奥の手" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント