唯一のドボンは、勝負レースでWショック

画像久し振りにライブで日記を書いています(いつもライブ気分ですが)。

昨日は、朝一番にヤマダ電機へと走り、マイネルフロスト号を輸送。

修理代金は、約4000円相当と聞き、とりあえず新馬購入をやめて自宅へと戻って来たのですが、エプソムのオペレーターもヤマダのオペレーターも、首を傾げるのは、廃インク吸収パッドの消耗が激しい事。

エプソムのオペレーターさんから「酷使されてますか?」と、聞かれ、ヤマダのオペレーターさんからは「買って四カ月なんですか?」と、驚かれました。

「普通、吸収パッドが限界量に達するのは、購入後何年も経ってからなんですけどねぇ」と、首を傾げるヤマダのサービス担当。

確かに、四カ月やそこらで、パッドの交換って、今後の事を考えたら、そんなプリンター使いたくない。

使い始めた頃から、インクの減り方が異常だったこのプレンター。もしかすると、欠陥品だったのかも?

他社のインクを使っていたので、保証期間でも保証が利かない事を正直に述べたが、最初から調子が悪かった事を事細かに説明。メーカーからの返答待ちですが、修理には、早くて一週間。最悪三週間程度かかる模様。

お客様には、しばらくの間ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

いや~ぁ、それにしても、よく休ませてくれました。

台風のおかげで、連休になった週明け。

週末は、仕事が多忙で、ろくに予想も出来なかった私ですが、久し振りに一競馬ファンとして、競馬と向き合った二日間。何年振りかで、競馬新聞に穴が空くほど勉強しました。

勉強すれば当たると言うものではないですが、京都大賞典の三連複と三連単を本線で的中。ちょっと、にんまりの週末でした。

四日間開催となった鉄板は、①①①④①②着。最後のレースで一着なら、六戦五勝ドボン一回でチャラと、日記ネタになったのですが、最後のレース(火曜京都3レース カレンローザネイ)は、ハナ差二着。

結局、三日間で四勝もドボン一回で、また一歩後退。それ以上に、唯一ドボンしたレースは、私の勝負レース。三着なら勝負レース的中だっただけに、ドボン以上に手痛いレースでした。

つくづく勝負レースを鉄板にするもんじゃないと反省。Wパンチです。

さて、今日からCSシリーズが再び始まりますね。

勝ち上がったと言っても、二試合で一点の貧打線。ジャイアンツに胸を借りるつもりで頑張ります(私が頑張ってもしょうがないけど)。

写真は、岡部ジョッキーを抜いて、JRA最多騎乗となった武豊騎手の記念馬券。Kenzoさんの愛馬だけに、馬券を買って応援(六着でした)。

"唯一のドボンは、勝負レースでWショック" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント