地元の名店

画像十月からお店のお休みを火曜日に変更して三回目の定休日。

いい事悪い事、プラスマイナスいろいろありますが、プラス面の方がはるかに多いですね。

日曜日に続き月曜日を営業する事によって、イベント(ホームページ)の更新は、月曜日の営業までに済ましてしまうので、火曜日のお休みは、丸一日休養にあてられると言うのも良くなった部分。

月曜日が定休日の頃は、ほぼ一日更新作業に追われていて(特に日曜日に昼営業した時や競馬場遠征した時)、お昼にお出掛けをした時などは、作業が深夜までかかって休みでも疲れが取れない日が多かったのですが、定休日を火曜に移動した事で、ゆっくりした休日が過ごせるようになりました。

と、言いながらパソコンの前に座ってテレビを見ている事が多いですが・・・

昨日は、ぽにょさんに頂いた招待券で、神戸市立博物館で開催している「マウリッツハイス美術館展」を観て来ました。

「行く前にこれを見てから行ったら」と、DVDを用意してくれたおかげで、17世紀のオランダの背景やフェルメールが、どのような思いで、この絵を描きあげたのかを察する事が出来、絵画にはまったく興味のなかった私でも、真剣に巨匠の残した遺産と向き合う事が出来ました。凄かった♪

画像そして、昨日は、毎朝見ている関西テレビの番組「よ~いどん」で、近所の洋食屋さん「朝日」が紹介されていました。

灯台下暗しの名の通り、近くにありながら、三宮で食事をする事が多く行く事のなかった「朝日食堂」。

いつも行列が出来ていて、一度行ってみたいと気になっていたので、昨夜は並ぶ覚悟で行って来ました。

私達が言ったのは、開店直前の六時前だったので、並ぶ事なく座れたのですが、次々とお客様がご来店、アッと言う間に表に行列ができてました。

そして、私の食べたのは、テレビで紹介されていた「照り焼きハンバーグ」(写真)

さすがに美味かった♪

画像食事の後は、これも同じ番組のコーナー「となりの人間国宝さん」で、八光さんが先日美味しそうに食べていた宇治川商店街のケーキ屋さん「エトワール・ドゥ神戸」のシューパリゴーをおみやげに買って帰って自宅でティータイム。

地元には、隠れた名店が一杯ありますね♪ 昔、後輩に嵌められた「大盛り飯」の富士食堂も健在でした(笑)。

さて、一昨夜のお店の出来事ですが、閉店前にも素敵な出来事がありました。

一番競馬に遠い日・火曜日でマドンナとして頑張っている翔子ちゃんを応援してあげようといろいろ対策を練っている私(月曜と火曜を変更したのもその一つ)。

しかし、翔子ちゃんを一番応援しているのは、やはり執事を自負するKEIさん桜花さんの二人をおいて他にない。

KEIさんは、先週から体調が悪く仕事を休んで自宅療養しているにも拘わらずご来店。水のような薄い水割りをなめるように飲んで翔子BARの応援。翔子ちゃんの顔を見れば、病気も吹っ飛んでしまいます♪

一方、桜花さんは、十時過ぎに仕事が終わりお電話を頂きました。「お店どうですか?」「今日は、けっこう賑わってますよ」「よかった♪ じゃ、今夜は私の出番はないので帰ります」

どうやら、暇で翔子ちゃんがしょげているなら、今からでも行ってあげようと言う思いで電話をくれたのでしょうか?

「また、別の月曜日に行きます」と、直帰されました(お心遣いありがとうございます)。

さらに、お店の閉店時間となる午前一時。

電気を消してお店を閉める直前、一人の青年が訪ねて来られました。

「香川のお客さんに、行ってみたら?と、聞いて来ました」と、言う青年は高知からのお客様(よっぱらいぐまさんの紹介でしょうか?)。

せっかく遠くからお越し頂いたので、「良かったらお座りください」と、ご案内したのですが、カウンターの上一杯に置かれた片付け物を見て「もう、時間を過ぎてますから、改めて来ます」と、今夜のお宿ネットカフェに行かれました。

「友人と会っていて、遅くなった」
「ここに来るまで迷った」
「来月、また神戸に来るので、その時に来ます」
「来年の一月から神戸に引っ越して来る」

など、短い時間の立ち話でしたが、いろいろお話させて頂きました。

今度は、早い時間にお越しくださいね。次回お会いする日を楽しみにしています♪

香川のお客様、ご紹介ありがとうございましたm(__)m

"地元の名店" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント