天皇賞特集号

画像長いスランプからようやく脱出の糸口が掴めた感のある私の勝負レース

しかし、収支的にはまだまだ。と、言うのも今年的中した勝負レースが四度とも馬連での的中にある。

私の場合、◎(軸)に据えた馬からの馬連総流しと三連単三着固定が基本。つまり、二着までなら必ず的中!仮に三着まで落ちても相手(四頭から六頭)を間違わなければ、より高配当をゲットできる訳である。

何故三着なのか?

ご存知の通り、穴狙いの私にとって、狙う馬は、実力的には一枚落ちる馬。一着に来るより二着に来る可能性が高い。更に、二着に来るより三着に来る可能性が高く。実は、一番可能性が高いのは、四着以下なのだが・・・(笑)

そんな私の狙い馬が、あらぬ事か頭に来てるのだ。先週のヤマカツブライアン(8番人気)しかり、先々週のヤマニンメルベイユ(6番人気)しかり・・・

三着に来て欲しい馬が頑張り過ぎて一着。三連単を仕留めたい私にとっは、喜んでいいのか悲しんでいいのか・・・

しかし、一着のおかげで馬券道場は、ストレート昇段。どうやら馬券道場と私の勝負レースは、反比例の傾向にある。きっと、勝負レースで三連単が当たる頃には、馬券道場の昇段は、足踏みを繰り返すに違いない。

写真は、先週末に長崎のハウステンボスに行っていたまりんさんのおみやげ。

昨夜は、九時過ぎまでノーゲスト。季節限定の「いちごカステラ」を一番先に口にしたのは、何と!業者で来たTKO君でした。

今週末は、春のG-Ⅰ・高松宮記念だが、お店ではmixiで話題になっている「桜花賞特集号」(まっちゃん)「皐月賞特集号」(ハリーさん)の話題で、超盛り上がりました。さて、私は「天皇賞特集号」でも発信しますか?業者の30連敗を記念して・・・

"天皇賞特集号" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント