ディープの凱旋門挑戦から九ヶ月後の初来店

画像「ばんえい競馬頑張れ!」

新聞によると、昨年、経営難から廃止の危機にさらされたばんえい競馬に、一躍買おうと、JRA六人の騎手が、16日の帯広競馬でエキビジョンマッチを行う事になったそうだ。参加するジョッキーは、藤田、安藤勝、四位、横山典、勝浦、池添の六名。G-Ⅰ・64勝と言う豪華な顔ぶれ。彼らの操るムチで、ばん馬が、どんな走りを魅せるのか?映像を通してでも見たいレースである。競馬の発展を願う私としても、大変嬉しいニュースでした。

G-Ⅰ写真プレゼント期間とあって、今週のお店は開店前から行列が出来るフライング来店のお客様が連日押し寄せられましたが、昨夜も、お店に出勤すると、フライングの常習犯・馬券教師さんと、悪友さんが店の前に待ってられました。

「G-Ⅰキャンペーン」で、ウオッカの金箔馬券が当たったと言う悪友さんは、ダービーでも、ウオッカのお世話になり、三連複を300円ゲットしたそうです。一方、今開催から馬券道場に参加したとんまさんと、馬券教師さんは、目標の8000円に、5000円以上足らず、「人気薄の単勝で、一発を狙うしかない」と、口を揃える。そう言う私も、3000円以上不足で、最終週の今週は、禁断のオッズ投票に手を染めてしまいそう(涙)。

そして、G-Ⅰ写真プレゼントは、昨年二名しか的中のなかった菊花賞(ソングオブウインド)的中のみっちゃんさん来店で、残りは、朝日杯FS(ドリームジャーニー)一枚を残すのみ。

昨夜も、新しいお仲間さんの来店がありました。

「ディープインパクトが出走した凱旋門賞の中継の時、マスターの店が写っているのを見て、神戸にこんな店があるんや」と、K-BARの存在を知ったと言うナリタ神戸っ子さんは、実家が神戸でも、今は大阪にお住まいの19歳。「競馬は、いつからやってるんですか?」「五年前からです」「えっ?・・・・時効、時効。我が店でも、高校時代に何度も補導された盟友コンビと言うのがいますから・・・(汗)」

学生時代におつまみを配達するバイトをしていた関係で、地図なしでも迷わず来店されたナリタ神戸っ子さん。明日の馬券も、迷わず一発必中で♪

写真は、昨夜のワンシーン。昨夜は、久し振りにTKO君のお兄ちゃん・伽昴君(左から三人目)が来店。「何ヶ月振りの休みで、やっと来れました」と、伽昴君。仕事と稽古(彼は、現役の役者さんです)で、なかなか休みが取れなかったとの事。「もう少し早く、休ませてくれたら、POG参加できたのに・・・」と、濱中の応援Tシャツを着て嘆いてました(逆に濱中は休み過ぎ)。そして、一番手前が、昨夜からK-BARの仲間入りを果たしたナリタ神戸っ子さんです。

"ディープの凱旋門挑戦から九ヶ月後の初来店" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント