エリザベス女王杯から、呪いの馬券師のコーナー新設

画像久し振りに、お店から日記を書いてます。

昨夜も、忙しい一日でした。

「マスター、天皇賞何がええん?」来店されるお客様に、必ず聞かれるこの言葉。

しかし、今年の天皇賞は、印がいくらあっても足りない。まさか、十数頭に印を打つ訳にいかず、「締め切り(駿新聞の)があるので、やむなく順番をつけた」そんな感じの天皇賞。

本当に、絞るのに苦労しました。従って、自信度スーパーZ。まったく、自信がありません。私の予想を参考にしないでください。従って、勝負レースにも致しません。(土曜日の勝負レースは、スワンステークスにしました)

競馬の専門誌に、予想を入れている記者さんは、毎週こんな苦労をされているんだろうと、つくづく感じたこのレース。私の場合、自信のあるレースを「勝負レース」として、一つか二つ探せばいいのだが、競馬記者さんは、そうはいかない。三場36レースに、嫌でも◎をうたなれけばならないのだ。中には、自信度スーパーAの二重丸もあれば、締め切りがあるから仕方なく打つ適当な二重丸もある筈。まして、その週のメインレースを「わからないから予想しない」と、言う訳にはいかないでしょう。それも、枠の決まらないうちから、予想する事もあるから大変だ。

画像それでも、昨夜の馬券検討会は、盛り上がりました。難解なレースだからこそ、ファイトを燃やすファイター達。私は、早々と投げ出して、他のレースに目を向けていたのに・・・

呪いの馬券師こと、岩ちゃん(写真)が来店。「みんなに予想を知らせてあげなくては・・・」と、使命感に燃えての来店だ。そして、次のG-Ⅰより、私のサイトか、駿君の新聞に、「呪いの馬券師コーナー」が新設。皆様の競馬ライフをサポートして参ります。「できるだけ、掲示板に、予想を書き込みます」と、岩ちゃん。「わかってるでしょうね。くれぐれも、当てないように・・・」と、言うと、「普通にしてたら当たらんし」と、岩ちゃん。ご立派です!

そんな岩ちゃん。天皇賞の狙い目は、スイープトウショウ!何故か?駿君は、シュン・・・

そろそろ、五時だし、閉店の準備をしなければ・・・

昨夜は、午前一時前に、大方のお客様が帰られ、「帰って来る」と、言ってお姉ちゃんの店に出張していたKEIさんも「もぅ、電車がなくなるので、帰れません」と、電話があった。本日は、これで終了かな?と、思ったところに、大外強襲さんインケツさんが来店。再び天皇賞の検討会が始まった。そして、三時を過ぎてから、Kさん来店。かなり酔ってます。

「ビールください」と、注文したビールを一口だけ飲み、「キネティクスのレース(富士ステークス)の三連単(19万馬券)取りました」と、万馬券報告。そして、「でも、単勝一万円ゲットした女性し凄いです♪」と言った後、すっかり熟睡しちゃいました。タクシーでは帰れないところに住んでられるので、どうやら始発まで?せっかくだから、ゆっくり寝かせてあげよう。風邪をひくので、冷房を止めて、山ちゃんから頂いた夜食(写真)をかぶりながら、日記を書いてます。   さて、そろそろ、起こしますか。

そして、私は、家に帰って寝る事にします。

"エリザベス女王杯から、呪いの馬券師のコーナー新設" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント