開門ダッシュの一番馬は今年も危険

ボーデン.jpg昨年に続き今年もネットでの開催を余儀なくされた鉄板。

午後六時に鉄板のトピ(実況掲示板)へ一斉投票する決まりのネット開催。多い時は十人以上の参加者が六時ジャッストに一斉送信。

運良く希望の鉄板馬をゲットできた参加者さんもいれば、タッチの差で取れず投票馬の変更もしくは辞退してしまうお仲間さんも続出。

そんな熾烈な投票合戦で、即売り切れとなった一番人気が意外にも不幸の入り口だったりするのがドラマ「鉄板」なのです。

事実は小説より奇なり

それでは、土曜日の鉄板から検証して行きましょう。

この日は四着不在で着順判定。

前述した秒殺売り切れの一番人気アランヴェリテ号(中京2R)が八着(最下位から五頭目)でドボン候補。

その後惨敗どころか三着を外す投票馬もなく残り二頭。

昨年、ドボン連発した秒殺売り切れ馬の主役確定かと思えたのですが、中山のメインレース(紫苑ステークス)に出走したエクランドール号が一番人気を裏切って17着(ブービー)の惨敗で308さん、柴ボン、エイジさんが土曜日の主役。

「地上の明かりが見えかけたらドボンする」と、地下脱出に苦脳する308さんと、何とか地上(±0)に留まった私(柴ボン)。

そして、35連勝で+8(黒枠5位)まで上り詰めたエイジさんでしたが、ここ二週でWドボンを含む四連続ドボンにより-6(緑枠16位)に急降下。また一人旅人を見送りました。

翌日曜日。

前日六時の開門ダッシュには、走り屋ドボン帝王さんも参戦。フライング気味のスタートからトップ投票で獲得したボーデン号(中山7R)は、秒殺で売り切れ。

連日の四人目で二日連続獲得できなかったりっちゃんですが、前日は現PO馬で期待通りの一着は、POG二頭目の勝ち上がり。個人成績で10位にランクアップの嬉しい勝利。一方、日曜日のボーデンは、元PO馬。

六時ジャストに投票したのに「皆さん早いですね」と、その日の投票をやめてしまいました。

さて、注目のボーデン号ですが行きっ振りが悪く鞍上が押して押して四コーナーでようやく馬郡にとりつく悪い流れ。既に前三頭は遥か前を走っていてボーデンは馬郡の中。

多分ボーデンに投票した三人の開門ダッシュ組は「追うな!」と、叫んでいたでしょうね(笑)。

しかし、さすがにスプリングステークスで三着に来た実力馬。一勝クラスでは物が違うと言った物凄い伸びで馬郡を抜け出し三着馬に並んだところでゴール(写真)。

単勝1.1倍でのドボン(四着)は即死? ディープインパクトの菊花賞以来単勝1.0倍は見た事がない。複勝でもあまり見ないオッズで主役確定!

りっちゃん四番手で良かったね♪

鉄板Ⅱ.jpgさて、「ドボンは連鎖する」と、言いますが、首位HGさんが久しぶりのフルドボン! まだまだ痛くも痒くもないドボンですが、二週、三週と続けは公式戦後半戦が面白くなります。

HGさんも一回ぐらいのドボンで旅にでないでしょうし・・・

それにしても、ボーデン号ドボンの瞬間は「やったー!」と、胸をワクワクしながら写真を撮ったのにサイトに「写真のサイズがデカ過ぎる」と拒否されて焦った焦った(汗)。

さぁ、今週は三日間競馬。鉄板も三日間楽しめます。今週も「鉄板に筋書きなし」を期待して楽しみましょう♪

キャロット出資馬.jpg写真は、柴ボン厩舎今年の募集馬申し込み表。

昨日夕方に発表があったキャロットクラブ一次募集投票経過では、母馬優先+最優先で申し込んだトータルヒートと、一般申し込みをしたカニョットは出資可能。残りの六頭は抽選には参加できるようで今日の結果待ちです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント