夏のジョッキーセレクション

ジョッキーセレクション.jpg週刊競馬ブック主催「夏のジョッキーセレクション」中間発表がありました。

今回、私以外にエイジさんとレースアナもどきさんが参加されているのですが、第七戦アイビスサマーダッシュ終了時点の成績は、私が71点に対し、エイジさんが47点、レースアナもどきさんが39点と、残念ながら競馬ブックに名前が掲載されたのは、私(20位同点)のみ。

得点上位八名のジョッキーを列記すると、鮫島駿(21点)、川田(17点)、横山和(13点)、岩田望(12点)、福永、藤岡佑(11点)、石川、戸崎(10点)で、現在首位(83点)の方のラインナップは、上位八名の内の七名を指名していて、外しているのは岩田望ジョッキーでしょうか?

私はと言うと、鮫島駿、川田、岩田望、福永と四名は指名しているものの、残りの三名がルメール、松山、団野ジョッキーの三名。

ルメールジョッキーは、不振(1点)と言うより騎乗していなくて、前半七戦中騎乗したのは函館記念(カフェファラオ号)のみ。札幌記念を始めとする後半戦は必ず勝ち負けに加わって来るのは間違いないだけに特に心配していない。松山ジョッキー(7点)にしても、同じ事が言えるので必ず巻き返して来るでしょう。それに、現在、私より上位にいる参加者は、ルメールジョッキーを外している面々。今後、彼が落馬などで騎乗できない事態でも起きない限り抜くことは容易。

ただ、私の場合大抜擢した団野大成君(2点)が、優勝できるかどうかの分かれ目。前半戦は二回騎乗して着外(1Px2)。特に中京記念では勝ち負け必至と思っていた(ディアンドル号)だけに馬券でも随分やられた。

後半戦、騎乗回数もそんなに多くないと思われるだけに、どこかで重賞制覇なら私の二大会連続優勝も現実味を帯びて来る。

DSC_0220.JPG春のジョッキーセレクションでは、優勝しながら抽選でその他大勢(D賞競馬四季報夏、秋号セット 30名)の景品と言う悔しい思いをしたので、今度は昨年のようにぶっち切り単独優勝で憂さを晴らしたい!

と、思っているのですが・・・団野君次第(ちょっと弱気)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント