マイネルフロスト号が元気過ぎた代償が・・・

DSC_0019.JPGおいおいおい、またかい。たいがいにしてくれよー!

コロナによる非常事態宣言で、お店が休業となり自粛中。

買って三年にも満たないパソコンが故障。幸い長期保証に入っていたので無償修理で戻って来ましたが、慌てて修理に持ち込んだヤマダ電機の店員の話では「修理にかかる費用を考えると、安いパソコンなら買える」「しばらくお預かりしなくてはならない」など、難題も抱え買い替えを決意。故障したパソコンが立ち上がりが遅いパソコンだったので「サクサク動く奴にして」と、ちょっと高目のパソコンを購入。

本当にサクサク動いて作業が捗っています。

その後、会計時に「長期保証どうされます?」と、店員さんに聞かれた事から、故障したパソコンが長期保証に加入している事がわかり無償修理。三週間かかると言われたのが五日で返って来ました。

現在、戻って来たパソコンは、お店に設置。お店で併用していた旧パソコンと、競馬ブックにもらったパソコンは、自宅に持ち帰り遊人が使っています。

写真のノズルチェックシート。

これは、三年前に買ったプリンターのノズルチェックパターン。何度、ヘッドクリーニングしてもライトシアンが出ません(涙)。

おいおい、パソコンの次は、プリンターかい。もうどうなってるんや!

仕方ない修理に出すか・・・パソコンと違い、プリンターは、なくてもなんとかなるので急を要さないが・・・

もしかして長期保証は? 入ってました。

ところが、パソコンは五年保証なのに、プリンターは三年保証?

ちょうど半年ほど前に切れてました(シュン)。

まぁ、パソコンら比べてプリンターは価格も安く。三年使ったら買い換えてもと思うので保証は三年でも納得だが、このプリンターは、ほとんど使ってない新品。

と、言うのも旧プリンター(マイネルフロスト号)が丈夫で、しかもランニングコストが安く。百均のインクでバンバン走るので、ほとんどの印刷物をマイネルフロスト号で賄ってました。

七年前、マイネルフロスト号がダービーで三着になった時に取った三連単馬券で購入したのでマイネルフロスト号と名付けました(確かりっちゃんも三連複取ったと言ってました)が、長きに渡り安いカイバで走り続けてくれている名機なのです。

その代償として、新しく買ったプリンターを長期放牧に出したまま、レースに使わず故障(インク詰まり)させてしまいました。

なんで、マイネルフロスト号があるのにプリンターを買ったかと言うと、三年前にマイネルフロスト号が故障。その時、修理より買い替えと思い新プリンターを買ったのですが、そこで店員さんに聞くと「まだ修理期間ぎりぎりで間に合う事と、五千円程度で治る(インク吸収パッドの取り換え)」との事で修理してもらい。以来併用して使っています。

今回の修理代は保証期間が切れているので安く見積もっても一万円以上。二万円台で売っているプリンターに買い換えるか思案どころです。

「とりあえず、今日はプリンターを持って来てないので考えます」と、戻って来て再度クリーニング(もう十回以上)。

「おやっ?ちょっとだけ青のインク跡が・・・」

真っ白だったライトシアンの欄にかすかに青インクが・・・

「よし!青インクを出し捲ろう!」

考えたのが、青一色の印刷物。

最初、赤茶けた色しか出なかった印刷物が、徐々に青白くなって行き、ついにブルーの印刷物が出るまでにはインク一本使い切りました。

ノズルチェックを出しても完璧。治った♪

修理に出す事を思えば、インクカートリッジ一本で済んだので助かりました。現在、マイネルフロスト号は出ない色があってそろそろ引退間近。今は、投票用紙など、色を気にしない印刷物限定で使っているだけにまともなプリンターが必要。

買い換えか修理で迷っていただけに、とりあえず治って良かった。

皆さん、プリンターは時々動かした方がいいですよ。長期に渡って使わないとインクが固まってしまうそうなので・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント