春を二連覇したものの・・・

DSC_0016.JPGおはようございます。実は、今週の日記は先週末から五日前までに書置きしておいたもの。

土曜日のチームドラフトが終われば、ターゲットや他のPOGサイトへの登録や、ホームページ切り替え作業が待っていて多忙極まりない状況が予想される為、書ける時に書いて置こうと書き溜めていたもの。

多少のタイムログはありますが、「鉄は熱いうちに打て」じゃないけど、ネタを思いついた時に書くのが一番。特に、今週からは炎の十二番勝負!も中休み。先週までと違い、日曜日も日記が必要だしね。

と、言う事で今日のネタは、先週の安田記念で終了した週刊競馬ブック主催のジョッキーセレクション。

先週の時点で同点ながら首位。連覇濃厚とお伝えした通り。春のG-Ⅰをただ一人連覇しました。

ただ、手放しで喜べないのは、同点優勝だった事(昨年春は8点差の単独優勝)。

しかも、先週時点の16人から2人増えて18名。

こうなると、A賞パソコン三名、B賞ブルーレイ三名に、C賞の図書カード一万円分からも漏れて、D賞の2021年度競馬四季報夏号、秋号二冊セットになる可能性も・・・それならまだE賞の競馬ブック特製アルミ枠カラープリント(2021年日本ダービー)の方がいい(三年前の春もE賞が当たってリスグラシュー号の宝塚記念のアルミ枠写真をもらいました)。

ジョッキーセレクション.jpg以前の日記にも書きましたが、同点優勝が五十人近くいて(この時はパーフェクト解答でした)、優勝しながら何ももらえなかった参加者さんもいた事から、次大会をジョッキー五人選ぶルールから七人選ぶルールに変更されたのですが、結局人気ジョッキーに集中するだけに、成績上位のジョッキーがそれなりの成績を挙げる順当な大会になると同点が多くなります。

何がもらえるかは、二週先21日(月)発売の週刊競馬ブック紙面にて発表。

せっかく連覇を果たしても、素直に喜べない同点優勝でした。

ジョッキーセレクションⅡ.jpgそして、今週からは本格的に夏競馬。

ジョッキーセレクションもサマージョッキーシリーズとして今年は開催される模様(昨年は開催中止)。

私もせっかく応募券があるのでチャレンジしますが、夏は難しい。とにかく、三場に分かれて行われるので、人気ジョッキーが必ずしも有力馬に騎乗するわけでもなく、地元のジョッキーが活躍するのも夏競馬。春、秋とは違うジョッキーの顔ぶれになるのが難易度を極めています。

とりあえず、今回五人の中で最先着を優勝のおまけ付きで決めたのだからメンバー四人からお約束のお祝いワンショットを頂きます(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント