47連敗!皐月賞取った事ない男の皐月賞予想

DSC_1930.JPG週明けには「今週何を書こうかなぁ~週末もコロナの影響で賑わいと言うほどもなかったし・・・」と、ペンが進まない私ですが、今週も土曜まで日記を書き終えました(只今火曜日の深夜)。

今週最後の話題は、もちろんこの話「皐月賞47連敗男の予想」

競馬を始めて47年。皐月賞だけは取った記憶がない。

お客様から「ミスターシービーの時も、シンボリルドルフの時も、ディープインパクトの時も取った事ないんか?」と、聞かれますが穴党の私。シンボリルドルフもディープインパクトも現役時代は邪魔者以外の何物でもない。どこかに死角はないか?と、粗捜しばかりしてました(汗)。

トウカイテイオーの時はイブキマイカグラの方が強いと信じ十万円が二分間で紙屑となり、唯一お店の予想で◎〇だったヴィクトリー⇒サンツェッペリンで決まった2007年皐月賞(馬連94670円)の時は、私のうっかりミスで馬券が買えてないと言う大失態。

この時、私は一生皐月賞を取れないと確信しましたね。

今年も皆さんの馬券予想に役立つ時がやって来ました。

何故か?って、私の本命を無条件で外せるからです。仮に、本命が被ってしまった不幸なお仲間さん。大丈夫です本命から私の外した馬を相手に買ってください。あなたの本命が来た時には、必ず当たります(きっぱり)。

えっ? ダノンザキッドやエフフォーリアのどっちが本命かって?

そんなの本命にしませんよ。

長年(47年)貯まった負債を一撃で取り返そうと言う巨大プロジェクトですから、人気の二頭から買っていたのでは、イブクマイカグラ級の十万円勝負しなければならない。もうそんな無茶はいたしません。

週末店頭にて掲示している「マスターの勝負レース」は、もちろん皐月賞。乞うご期待!誰も期待してないか・・・

そう言えばオルフェーブル号の勝った皐月賞から十年。WIN5も十年を迎えたのですね。

第一回のWIN5で最後は4番人気のオルフェーヴルが勝って「リーチがかかってたのに・・・まさかオルフェーヴルが来るとは・・・」と、絶句していたお仲間さん。

私はオルフェーヴルが一番強いと思ってました。馬券は買ってませんが・・・

DSC_1931.JPGネタもなければ掲載する写真もない今週。写真は、火曜日に出かけた時のワンショット。

塾の備品を探しに垂水・名谷町の良品買館へ。ショッピングセンター内の粉もん屋でランチ。お好みと焼きそばにご飯、みそ汁、サラダと、ドリンクバー付きで千円はお得(カルピスにコーラ、食後のコーヒーにソフトクリーム三杯平らげてしまった)。

「ここまで来たら元実家のある千代ヶ丘に行こう」と、幼い頃から二十歳まで過ごした柴田家跡地へ。

もう半世紀以上前の話ですが、周りは山。貿易会社の社長だった父が二十代で建てた我が家は、テレビも電話も自家用車も近所で一番(アトムや鉄人28号を観に近所の子供達が集まって来ました)。お風呂がないお家が多くて、八時以降もらい湯に来られるご近所さんが多数。住み込みのお手伝いさんがいて、離れには神戸商大の学生さん(家庭教師)がいました。

親父の会社が倒産。自宅も競売にかけられて賃貸のマンションに引っ越して45年。跡地には三軒のお家が建ってました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント