エイジさん、いきなり紙面に

DSC_1631.JPG今週も月曜日に五日間(週末までの)の日記を書きあげました。

と、言っても週末までに先送りできない旬の話題や、お店での出来事を書き足すのですけどね(だから日記が長いと言われる)。特に、先週末に逆転でポイントダービー二度目の優勝を決めたエイジさんのご来店があれば喜びの表情をお届けしたいと思っています。

エイジさんと言えば、今春私が優勝した週刊競馬ブック主催の「ジョッキーセレクション」に初挑戦。

天皇賞終了時点での順位が今週号の週刊競馬ブックに発表されてましたが(写真)、いきなり首位と2点差の二位で紙面に登場。

二位と言っても、同点が60名もいて、今後のジョッキー次第で篩に掛けられていきます。最後まで首位戦線で生き残れるかは選んだジョッキー次第。特に今回は、三冠のかかった福永、松山ジョッキーにルメールジョッキーは、ほとんどの参加者が選んでいると思うので、それ以外の四人がポイント。エイジさんの場合一番得点の低い池添ジョッキーに頑張って欲しいところ。今後の彼の活躍次第では、K-BARで三人目の優勝者が誕生するかも?

ジョッキーセレクション.jpg写真は、ジョッキーセレクション私の成績表。

天皇賞終了時点で113点とエイジさんから8点少なく、首位から10点差。私の場合は、横山典ジョッキーがネック。

騎乗すれば、最低でも1ポイントつくのですが、スプリンターズステークス以外騎乗してないので仕方ない。G-Ⅰレースの常連だけに今後の騎乗、そして活躍次第では、紙面に名前が登場するかも?

そして、今回はレースアナもどきさんも昨年秋以来の参加。天皇賞を終わった時点で116点。問題点は、大抜擢した松若騎手。スプリンターズステークスのモズスーパーフレアが想定外だっただけに先行する予定が後手に回って厳しい戦いを強いられた感があります。

ちなみに、四戦を終わってのパーフェクトは124点。単独首位の参加者も1点漏らしています。

確か、レースアナもどきさんが優勝された時はパーフェクト優勝。ただし、同点が六十人近くいた為に、景品は抽選。運良くレースアナもどきさんは、一番いい景品をゲットされましたが、パーフェクトで優勝しながら何ももらえなかった参加者が多数出た模様。

次大会から選抜騎手を五名から七名にルール変更となった経緯があります。

DSC_1634.JPGさて、ここからは木曜の出来事(また日記が長くなる)。

昨日は、鉄板の投票順を決定する抽選が初めて行われました。

六時過ぎにご来店の啓太郎さんとやはりフライングでご来店のみっきぃさん。

結局開店時間の七時までに来店されたのは二人だけだったので投票を前に抽選で順番を決定。

一番クジを引いたのはみっきぃさん。一番乗りも二番クジの啓太郎さんでした。

ほどなくチカさんとジュンイチさんがご来店。

初めて投票順の抽選をした事を伝えると・・・

「全然被ってないですね。順番関係ない」と、大笑い。

たまたま投票馬が被らなかったけど、三人被せなんかの時は順番が大事。コントレイルやデアリングタクトの時は順番次第で投票できないケース(売り切れ)もありますから・・・

店側としては、「いくら早く来られても投票は七時から」と、言う事を主張できて良かったと思います。

この日は、阪神タイガースの西投手が乱調。二回七失点で降板。トラキチが揃ったお店でもチャンネルをグリーンチャンネルに替えて敗戦を見届けようとしなかったのですが・・・・

お帰りになったみっきいさんから「マスター、テレビ観てください。同点に追いつきましたよ」と、電話が入り。

チャンネルをサンテレビに替えると、いきなり梅野の決勝ホームラン。

六点差をひっくり返した逆転劇。こんな日もあるんや・・・

二回裏のベンチでキャプテン糸原が「逆転するぞ!」と、げきを飛ばしたそうだが、タイガースの意地を見ました。

こんな事があるから阪神ファンはやめられん。

そう言えば、この日はTKO倶楽部さんが、甲子園に行ってる筈。「まさか7対1になったとこで帰ってる?」「帰ってたら大笑いですね」前日もおひょいさんが寒いって言ってられたし・・・

寒い中を応援に駆け付けた甲斐のある素晴らしい勝利でした。

この日のお客様は全員ツーショット(プレゼントショット+おっさんBARショット)をゲットされました。

写真は、第74回ポイントダービーを制したエイジさんの優勝トロフィーとマイボトル。ご来店は、ご要望のあった今夜のりっちゃんBARかな?

喜びの報告は、来週の日記で♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント