お店開放♪からの・・・キャロット検討会

DSC_1365.JPG「やめるも地獄」「続けるも地獄」

新型コロナウィルス感染予防の影響で売り上げが通常の何分の一と嘆く飲食業界。

私どもテナントは、お店をやめる時、家主に三か月前には退去通告をしなければならない。

つまり「やめよう」と決めた日から三か月は家賃を支払わなければならない契約になっています。聞くところによると、東京では半年前の報告義務が普通らしい。

コロナの影響でお店を閉店に追い込まれた経営者さんも、三か月以上の家賃支払いと撤退の工事費用を考えると「やめるにやめられない」と、言うのが実情(前夜の売り上げで翌日の仕入れをすると言う切羽詰まった経営者さんもいるらしい)。

先日、お昼に仕入れを持ってお店へ行くと、二軒隣のお店が改装工事。「あれっ?いつやめたの?」

つまりコロナが流行り出し営業自粛の休業期間に廃業を決めたと言う事でしょうか? 二階十五件ある店で、当店の次に古い店でしたが・・・

先週末、家賃支援金を国の機関に申請してから一ヶ月半も経って「直近の家賃払い込み領収書のコピー」を添付書類として追加要求して来ました。

なるほど、先月振り込まれた持続支援金と言い、支援金をもらってやめようと言う店舗が多いからか? 継続する為の支援金なんだけどね・・・やめるにもまとまったお金がなければやめられないお店の裏事情。やめたのがバレると返還を求められるし、立派な詐欺行為。まっ、二軒隣りが支援金を貰ってやめたと言う訳ではないと思いますが・・・

さて、先週は日曜日にお店を開放。

競馬場が閉鎖している現状、「おうち競馬」がもう半年続いていて仲間が集まって競馬を楽しめる場所がない訳で「それなら」と、お店を開放させて頂きました。

ジュンイチさんからのご希望で、「マスターが競馬楽しめないから頼み辛かった」と、言われますがウインズBARと違いお店開放は、お相手する事もなく飲み物を提供するだけ。ワンドリンクとおつまみ付きで1000円(追加の飲み物代は実費を頂きます)。イベント等一切関係なくポイントカードもノーマークのお店開放。

もし、お店で仲間とワイワイ競馬をやりたい時は、いつでもご用命ください。

写真は、ジュンイチさんの愛馬タンジェリンムーン号(1番人気)が出走した英彦山特別。

懸命な応援も善戦及ばず四着。勝てば祝勝会だったのですが・・・

DSC_1366.JPG二次会は、お隣「くつろ木」さんで、キャロット検討会。

もう皆さん買う馬は決まっているらしいです。ただ、買えるかどうか? 今年は厳しいと聞いてますし・・・

あとは、中間集計が出てからの作戦会議です(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント