柴ボン厩舎のPOG開幕

新馬.jpg昨年、POG開幕から半年遅れ。参加メンバーで一番最後にデビューした柴ボン厩舎。

一年で戦うゲームを半年しか戦えなかった事で、クラシックに間に合わなかったのは事実。

今年は、昨年の轍は踏むまいと、既登録馬から選んだドラフト会議。最後の一頭はリストが足らなくて後日投票も検討したが、欲しかったエイシンヒカリ産駒をチョイス(現在も未登録)全馬登録スタートのダイコウサクさんに続く七頭登録で早期デビューを図った柴ボン厩舎ですが・・・

二歳戦開幕から七週。まだ焦る時期ではないと言うものの、気が付けば参加者38名中34名がデビュー(最多で五頭デビューしている厩舎も)。まだPO馬のデビューがない四人の一人に取り残されてしまいました(汗)。

こんな筈ではなかったのに・・・

そんなスロースターターの柴ボン厩舎も、ようやく今週三頭がスタンバイ。

期待の牡馬牝馬ドラ1に、牡馬3位。

しかしながら、今週からは二場開催で、出馬ラッシュが予想され、とりわけ新馬は狭き門。

無事ゲートインするには、まず抽選をクリアしなければならない。

三頭の中では、やはり期待値の高いドラ1のダノンランディ号とアカイトリノムスメ号だが、意外に評価が高いのは、牡馬3位のノースザワールド号。

週刊競馬ブックのトラックマンコラム(今週の狙い馬)では、三名が推奨。中には「抽選さえクリアすれば突破」と、確勝級の評価をするトラックマンも。

いすれにしても、抽選を突破と言う大きな課題を超えなくてはならないが・・・

さて、東京だけでなく全国で新型コロナウイルスの第二波の影響が出ていますね。

感染予防も大事だけど経済も動かさないといけない。Go Toトラベルキャンペーンは設立当初から揉めに揉めてます。

夜の街もコロナの影響が大きいようですが、私の店は今のところ影響が少ないのは無観客とは言え競馬が通常通り開催されているから?

競馬が中止されていたら? 私の店も「ただのおっさんBAR」想像しただけで寒気がします。

JRA上半期の売り上げは、前年比101%と、減るどころか僅かながら増えています。だいたい現場とネットの比率は30%対70%と言われてますが、40万人増えたPAT会員が現場の30%をカバーした結果でしょうか?

僅かながら増えて来たWIN5の売り上げですが、そんな時のキャリーオーバー。今週のWIN5は、通常の三倍。いや五倍以上売り上げるでしょう。

「現場で競馬を観たい」と、不満を漏らすファンもいらっしゃいますが、競馬場にファンを迎えて開催するのはまだ先。まして、密になり易い一般席に観客を入れての競馬は最低でも来年以降だと思っています。

それでも、一度も中止されず無事競馬が開催されるのは、主催者や競走馬に携わる関係者さんの努力以外何物でもないと私は思っています。

今週も、無事開催される事に感謝して競馬を楽しみたいと思います。

<追伸>
三頭スタンバイの柴ボン厩舎。牝馬一位のアカイトリノムスメ号は、来週にスライドしたようですが、二頭が同じレースに(涙)。これで、全頭新馬勝ち(200点)の権利消滅・・・いや、一着同着と言う手があるか。

DSC_1131.JPG写真は、我が家のポストに入っていた「迷い子探し」のチラシ。

確か、権左衛門さんのワンちゃんが行方不明になって探していたのも昨年の今頃?発見してくれたのが、パイセンこと矢野兵頭の矢野さんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント