携帯を紛失すると、口座から現金がだだ漏れ

DSC_1289.JPGおはようございます。一週目より二週目、二週目より三週目と、以前の賑わいを取り戻しつつあるお店。

東京では、新型コロナの二次災害が起きていますが、全国に広がる前に鎮静して欲しいですね。

また営業自粛とか、もうこりごりです。

キャッシュレス時代到来で、私も現金にて支払うのは週に一度ぐらい。財布からお金が減りません(口座から落ちているのですが)。

カードと携帯を持っていれば、現金を持ち歩かなくても事足りる時代。

私のお店でもカードと電子マネーで決済されるお客様が増えて来ました。

特に、Paypayの普及率は凄く。私も便利だしポイントがつくので、買い物はほとんどPaypayを使っているのですが・・・

困った事がひとつ。

それは、チャージにパスワードがいらない事です。

チャージのボタンを押せば、連携している銀行から一発でチャージできるので、ある意味便利なのだが、「もし携帯を忘れたり紛失したりしたらどうなるのだろう?」

いい人に拾われたのならまだしも、悪い人が失くした携帯を手にした場合、銀行に預金している残金をすべてチャージされて使われてしまう。

私の場合、個人年金や遺族年金など年金四件の受け取り口座になっているゆうちょ銀行がPaypayと連携しているので、偶数月に振り込まれる年金をそのままにできず、Paypay用の数万円を残してすべて引き出し他の銀行口座に移しています。パスワードがあれば、簡単にチャージできないので、こんな面倒臭い作業はしなくていいのに・・・

先日、Softbankのショップで聞いてみたところ「Paypay画面を表示する時に、IDとバスワードは設定できるけど、チャージする時の暗証番号はない」との事。

paypayの画面にバスワードを設定すれば、預金の移動などと言う面倒な事はしなくてもいいが、買い物する度に、IDとパスワードを入れないとpaypayが表示されないなんて言うのは、携帯でメールを打つのも厳しい私にとって無理。

やはり、紛失した時に、口座から引き出されるチャージの資金は、あきらめられる程度にしておく自己防衛しかないようです(すぐに気が付けば携帯を停止できるそうですが)。

便利な世の中になった反面、危険も一杯。そもそも、私の場合ネット銀行自体信用していないので、預金の大半は通帳のある都市銀に預けています。

Paypayと連携した為に、ゆうちょにもお小遣い程度しか置けなくなりました(汗)。

できれば、銀行でお金を下ろす時のように、チャージにも暗証番号をつけて欲しいですね。

それにしても、どこで聞いたか調べたかわからないが、頼みもしないのに数社からPaypayのキットが送られて来る(営業電話も)。それこそ、カウンターにPaypayのポップを並べて「どれでもお好きなPaypayを使ってくださいよ」って、どこにどなたの入金があったか管理も大変。後から送られて来たキットは、封書のまま保管しています(請求されたらいつでも返還しますよ)。

さて、今から週末の売り上げを銀行に入金して来ます。と、言っても半分のお客様がPaypayでしたが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント