りっちゃん念願の首位

DSC06634.JPG退院後自宅に籠って三本目の日記を書いている水曜の午後。

鉄板はネタの宝庫(笑)。

いつもドラマがある鉄板は日記のネタに欠かせません。週末の出来事はすっかり飛んでしまったけど、鉄板は記録があるので思い起こせます。

さて、土曜日の鉄板主役は、まえまえコンビ。

今年、規定数達成とともに鉄板王の座を狙うまえぴょんさんと会社の後輩でKurofuneさんに競馬の面白さを教えたと言うまえぽんさん。

主役の座を射止めたのは、京都3Rのワンダーカムラング号。単勝1番人気2.2倍のビューティフルフォ~(直線200m四着独走でした)。

実は、まえぴょんさんのドボンには、あるNGワードがありまして、そのNGワードを発した時には必ずドボン(四着)しているのです。

「そんな事言ったら罰が当たってドボンしますよ」と、言ったのにきっちりやらかしました(笑)。

翌日曜日には「気を取り直して頑張ります!」と、きっちり一杯取り返していたまえぴょんさん。規定数外ながら七勝で首位に君臨です。

一方、日曜日の鉄板は、柴ボン→おひょい→キュンキュンと目まぐるしくドボン候補が入れ替わり。

最終的に主役の座に着いたのは、前日まで単独首位だったエイジさん(筆頭)。そして、復帰初戦をドボンで飾るところだったキュンキュンさんを寸前に救ったのは大西洋さん(番手)。

さすが我らが誇るスーパークローザー。いつもいい仕事をしてくれます♪

そして、この日二戦二勝で首位に躍り出たのはりっちゃん。

他のG-Ⅰイベントより、鉄板のタイトルが一番欲しいりっちゃんが初参加以来初めて首位に躍り出ました。

まだまだ2020年が始まったばかりですが、順調に勝ち星を伸ばして念願の鉄板女王の座を目指してください。陰ながら応援しています!

写真は、週末お越しになったチャーリーさんの痛恨馬券。

小倉メインレースの愛知杯では、痛恨のワンツーフォー! 実は「⑤番と⑭番のどっちを軸にするか最後まで迷った」との事。⑤番を軸にしていたら59万馬券的中。駄目押しは次の最終レース。せっかく一着二着ばっちりも三着⑩番抜けのワンツーフォー!

この日は京都で儲けて勝った(ボトル下ろして暴言貯金箱にも募金してくれました)ものの残念な一日だったようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント