相生の鉄板横綱二年振りの復帰

DSC06621.JPG昨年夏のプレート摘出手術以降思わしくなかった右腕の再手術が決まりました。

四か月内服薬にて症状が治まるか経過観察をして来ましたが、薬を変えても改善がなく。寒くなって来た事で、痺れ以上に痛みが強くなってまともに物が握れない現状。

ペットボトルが開けられない、Yシャツのボタンができないほど(左手でしてます)痛みと痺れが増してます。

先日の診断で聞いたのが手根管症候群と言う症状。

女性、特に妊婦さんに多い病気らしいが、手術後の患者さんにもよく出る症状だそうです。

DSC06622.JPG手術によってできたかさぶたが、正中神経を圧迫している為に起こる症状だそうで、手術でかさぶた等を綺麗に掃除してやると改善されるらしい。

通常は患部だけなので局部麻酔で十分ほどで終わる手術らしいが「柴田さんの場合、プレートの入っていた部分まで追いかけてみないといけないので、全身麻酔になります」と、術後に一泊。翌火曜日には退院できるそうです。

DSC06623.JPG手術日は、20日の月曜日。入院は一泊二日なので火曜日には退院予定なので、お店の定休日と重なって特にお客様にはご迷惑かける事はないと思うのですが、抜糸は一週間後としても前回の手術後のように包帯でぐるぐる巻きの状態では、仕事に支障を来す恐れもあるので、その場合は臨時休業させて頂くかも知れません。

その時は、あらゆる手段でお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

いや~ぁ、プレート抜くまでは、手首があまり曲がらないぐらいで特に痛みや痺れもなかったのですが、プレートを摘出してからずっと調子が悪く(手首の曲がりは手術前と変わらず)。結局、再手術となりました(涙)。

さて、昨夜は姫路競馬遠征帰りの博士さんがご来店。

改装して七年半ぶりの再開となった姫路競馬場ですが、パドックの出走表(馬体重を掲示)は、未だに黒板(汗)。四階にできた卓球場ですが、「三階から指定席になっていて四階にいけるのかなぁ~」との事でした。

ご存知ですか?私が姫路競馬によく行っていた頃は、オッズを表示する掲示板は票数が表示され、計算の苦手な人は配当がいくらつくのかわからない状態でした(笑)。今は撤去されて場内のモニターでオッズが表示されるみたいですが・・・

そして、この日も初来店のお客様がお越しになりました。ユキヒロさんは地元神戸のお客さん、ホームページで私の店を知って。一方平石大貴さんは大阪からのお客様で梅田のそのままさんから「神戸にも競馬BARがあるよ」と、聞き二人で行ってみようと言う事になり昨夜のご来店となりました。あいにくこの日はバタバタと忙しく(さっきまでキュンキュンさんお一人だったのですが)、一気に満員となりあまりお話ができずにお帰りになりました(写真をお願いする間もなかった)。「月末から周年祭が始まりますので抽選会に来てくださいね」と、競馬お宝グッズ抽選会の抽選券をお渡ししておきました。またお会いできる日を楽しみにしています♪

そしてこの日は、キュンキュンさんが二年振りの鉄板復帰。キュンキュンさんと言えば四年前の鉄板王。仕事が忙しくお店にはお越し頂いていたのですが、検討する時間がなく「中途半端な参加はしたくない」(ちゃらんぽらんじゃありませんが)と、二年間お休みでしたが、「来年は参加する!」と、復帰宣言が出てました。二年振りの鉄板王の復帰。また鉄板が一段と盛り上がりそうです。

「今年は真面目にやる!」と、宣言していた昨年の最下位ジュンイチさん。「一つのレースに二頭書くのは駄目なんですね?」と、素朴な質問。「それは駄目なんですよ」と、同じレースに愛馬が二頭出走。「一番人気と最低人気だと思うんですけど・・・」と、言うジュンイチさんの選んだ投票は、当然一番人気予想の方かと思えば何と!逆。

「だって四着した時に、人気薄の方が助かるじゃないですか?」との事。そう言われたらそうなんですけど・・・昨年の万馬券取得王のジュンイチさん(昨夜も三本の万馬券報告)。ご褒美のボトルは現在のボトルが開くまでキープですが・・・どうやら鉄板の清算に流れてしまいそう(汗)。先週、二日連続でフルドボン喰らっていたし・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント