一歩後退、首位と四点差

DSC_0607.JPG「マスター、ジョッキーセレクションどうですか?」

有難い事に、日記で紹介した事で気に掛けて頂いているお仲間さんもいるようで・・・

三週前、応募者725名の首位に立った私ですが、先々週の札幌記念、北九州記念のW開催では、札幌記念を優勝した川田ジョッキーが12点、三着のルメールジョッキーが5点、四着の福永ジョッキーが4点。それに北九州記念で五着の浜中ジョッキーが2点の23点(田辺ジョッキーは騎乗なし)。単独首位に立った参加者さんは、浜中、田辺ジョッキーの代わりに北村友(5点)と松山(1点)ジョッキーを入れていて、四点差を付けられてしまいました。

しかも首位の参加者は、ここでパーフェクトの103点。川田(38点)、福永(21点)、ルメール(20点)、北村友(12点)、松山(12点)を選んでいる事が判明。

まだまだ4点差。田辺、浜中ジョッキー次第では逆転優勝も狙える位置。

そして、先週のキーンランドカップ終了時点での結果が写真の順位表。

相変わらず首位(パーフェクト)と四点差だが、順位は8位から10位と一歩後退。まだ景品県内だが、ブルーレイ(三台)かノートパソコン(三台)を狙うならあと2点足らない。

私より上位の八名(首位以外)は、田辺、浜中ジョッキーの代わりに、江田照、秋山、岩田ジョッキーを入れていると推測。

あと三戦。いずれにしても田辺、浜中ジョッキーの頑張りに懸けるしかない私のジョッキーセレクション。

今週の指定レース新潟記念では、田辺、ルメールジョッキーは騎乗予定(他にも北村友、岩田ジョッキーが騎乗予定)も、頼みの浜中ジョッキーは、残念ながら小倉で騎乗予定。

ラストウイーク、東で京成杯、西でセントウルステークスに浜中(田辺)ジョッキーに騎乗馬がなければジ・エンド。

せめて最後まで夢を見たいのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント