K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 第11回東門縦断競馬変態クイズ

<<   作成日時 : 2019/02/05 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
十六周年感謝祭の目玉イベント。

今年も駿編集長のご協力を得て、二日の土曜夜に開催しました。

昨年の大会でシード権を獲得したのが五名(四位同点)なので、予選会で決勝に進出できるのは、いつもより一名少ない三名と狭き門。

今年も精鋭の六名が挑戦。そして、ボックス席には昨年のチャンピオン308さんを始めシード権を獲得した変態が集合! 昨年の準優勝大西洋さんを除く四名がゲストとして参加。総勢十名で戦いの火ぶたが切られました。

画像
いつものカラープレートを使用して行う四択問題では、四択が出る前のズバリ解答された参加者にボーナス得点が出るとあって、四択が出る前にボードに書いて勝負する参加者と、念の為四択を確認する参加者で攻め方もさまざま。

画像
さすがに、この問題をボードに書いて勝負する参加者はいませんでしたが、今映画で大ヒットしているクイーンの音楽を入場曲で使っていたレースがあったのですね。

画像
答えは2番。

しかし、駿編集長の話では、たまたま2018年度がこの曲だっただけで、その前年、さらにその前年もクイーンの名曲が入場行進曲に使われていたそうです。素晴らしい♪

画像
四択でも、この問題はウケましたね。

画像
答えは、この馬。みんな「でか過ぎる」とか言ってましたが、駿編集長によると、母馬の馬名にちなんでの馬名で、意味は皆さんの想像と違うものでした(笑)。

画像
今年は元号が替わると言う事で、昭和と平成の問題。@番からK番まで順に出題される問題を昭和の出来事か平成の出来事に分ける問題では、変態と一般人に大きな差が。

カウンターに向かって左側(内枠)が苦戦。右側(外枠)優勢で、ちょうど真ん中で、一般人と競馬変態の境目が出来て来ました、

画像
この斤量の記号も新年度から使われる記号。黒の★は、女性の新人だけに適用される記号。皆さん、見慣れぬ記号に苦戦されてました。

画像
お馴染み「書き問題」。

なかなか一分間と言われると書けないもんです。 もし、あなたが、一分間で十人書けたら、間違いなく変態です(解答は掲載しません)。

画像
書き問題最後は、武豊ジョッキーのG−T優勝馬。正解は44頭。武豊ジョッキーのファンなら二分間で半分は書けますよね。

画像
予選会が終了して、トップで予選を通過したのは、博士さん。続いて二位がポケモンポケットさん。

さすが、決勝戦でも優勝経験のある元チャンピオン。そもそも。この二人が予選からスタートと言うのもおかしい話です。

そして、決勝進出最後の椅子は、書き問題最後の武豊G−T優勝馬問題でトップ得点を獲得して逆転三位に滑り込んだレースアナもどきさんでした。

決勝戦は、三月二日の土曜日に開催。今年は、凄い精鋭が揃ったので楽しみです。

今年も、「凄いいい問題」と、参加者をうならせる問題で協力してくださいました駿編集長さん、ありがとうございましたm(_ _)m

尚、今回使用した全問題のテキストを置いてくださっているので、今回参加できなかったお仲間さんも、チャレンジにお越しくださいね。お店では、新人の競馬変態発掘にも力を入れています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第11回東門縦断競馬変態クイズ K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる