K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS お陰様で十六周年

<<   作成日時 : 2019/01/31 02:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像お陰様で、本日K−BARは、十六回目のお誕生日を迎えました。

これもお客様に支えられての偉業。

K−BARでは、感謝の意を込めて本日より一週間「感謝祭」を開催(1月31日〜2月7日)。

先日よりお配りしている抽選券をお持ちのお客様には、周年祭の目玉イベント「競馬お宝グッズ抽選会」に参加して頂けます。

抽選会は、券の枚数分だけ引いて頂けますので、何度でもチャレンジしてくださいね。そして、抽選券をお持ちでないお客様にも記念品をご用意していますので、是非、お越しくださいませ。

写真は、遊人の愛猫。

入院中、私が世話係を仰せつかっているのですが、モモ(元からいる四歳の雌猫)が、昔から食に意欲がなく。全然食べてくれない(汗)。

画像一方、昨年秋から遊人の愛猫となったチビッコ達は食欲旺盛(生後八か月既にモモと変わらないくらい大きくなってます)。

自分達の餌を食べ終えると、今度はモモのところへやって来て「食べないの?」と、ばかりにモモの餌を食べてしまう(汗)。

「ケージに入れてあげて〜。モモはゆっくり食べたい仔やから・・・」

遊人の助言で、朝行った時は、餌が横取りされないよう、モモをケージに入れて隔離して餌付け。夕方にもう一度行って食べ終えているのを確認して外に出してあげるようにしてます。

昨日も、朝猫の世話に行って、その後病院。病院から帰ってまた猫の世話に行くと夕方。せっかくの休みも、猫の世話と病院通いで一日が終わってしまいます。

それはそうと、事故で運ばれた時には個室だった遊人ですが、個室は部屋代が自己負担で一日一万円いるので翌日から相部屋に替わった為、生徒を呼んで病室で勉強を見るのが不可能となってしまい、一日も早く回復して退院しなければと遊人が焦っています(相部屋の方が気が紛れていいと言ってますが)。

画像日曜日、競馬が終わってから病院へ見舞いに行くと、同部屋の患者さんが歌を歌っている。

随分上手だなぁ〜と思ったら歌の先生らしい。

それはいいのだが、今度は月曜日の昼に見舞いへ行くと、次から次とおばさん達(歌の教室の生徒さん)がやって来て、とにかく賑やかだ。

「テレビ、イヤホンつけないと駄目違う?」と、イヤホンを届けたのですが、「みんな普通にテレビつけてる」と、言うように、病室で歌う。テレビはイヤホンなしで普通に観る。おばさん達が集団でやって来て喋る喋る。とても、病室と言う雰囲気はない。

これなら、病室に生徒を呼んで勉強を見ても誰も文句を言わないだろうけど、騒がしくて勉強にならないわ(笑)。

昨年夏に私が入院していた病室では、電話で警察と事故状況を話しているだけで「うるさい!出て行けー!」って、隣のベッドのじいさんに怒鳴られたのに・・・病院と患者さんが替われば、まったく異次元の世界。

まぁ、面会時間だから少しぐらいは仕方ないと思うけど、おばさんが三人揃うと姦しいと言いますが、五人も揃うと、それはもう・・・カオスな光景です(汗)。

話が、随分逸れました(日記がまた長くなりました)。

本日からの周年祭、お客様のお越しを心よりお待ちしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お陰様で十六周年 K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる