一競馬ファンになります

画像十六年続けたK-BARを閉じる決意をして三日目。

思えば開店当初は、共同経営者のタボちゃんと「二号店の店長はおがりん。三号店の店長はみつお。K-BARピルを建てよう」と、夢一杯で始めたお店でした。

「友達一杯いるから、当面友達だけで食って行ける」なんて甘い考えでいた私に、いきなり二ヶ月目から試練。

競馬繋がりの友達はともかく、競馬と関係なくお祝儀でボトルを卸してくれていた友人は、ボトルが残り少なくなると同時にフェードアウト。

ホームページを創ってくれた共同経営者(タボちゃん)はリンクを貼り、私はウインズでビラ撒きに奔走する毎日。

画像経費を支払うと、何も残らない月が続き、共同経営者とはつまらない事で喧嘩する事が多くなりお店オープンから半年。共同経営だったタボちゃんは経営から身を引き、私の単独経営となったK-BAR。

「この道で生きて行こう」と、バーテン経験もないのに無謀にも始めた水商売は、私に更に試練を与え開店から三年目までは、利益が出ず、大病を患い入院中の家内を見舞いに行った時「もうやめて働きに行こうと思っているねん」と、弱音を吐いてしまいました。

そんな時、家内から飛び出した言葉は「仕事、楽しいんやろ。だったら頑張り!生活費の事は心配いらんから。貯金たんまりあるよ」でした。

画像病気の家内を元気づけに行ってるのに、私が勇気づけられて帰ってました。

オープンから三年。ようやく軌道に乗って来たものの、まだまだ生活費を援助してもらわないと支払ができない状況でも、嫌な顔ひとつせずお金を工面してくれた家内でしたが、誰よりもK-BARの成功を願ってくれていた一人。

そんな戦友に先立たれたここ三年は、「頑張らねば」と、言う気持ちが切れてしまった気がします。

私とて、家内が支えて背中を押してくれたお店をやめたくないと必死でしたよ。

画像みんなと行った競馬場ツアー楽しかったなぁ~(新潟競馬ツアーは、家内と最後の旅行でした)。POGドラフト会議に変態クイズ、あの緊張感と高揚感は堪らなかった。

もうないと思うと、無性に寂しさが込み上げて来ます。

「まだ頑張れる」「明日はきっと忙しい」「来週はきっと大入りになる」と、そう気持ちを奮い立たせて頑張って来たのですが、正直もう疲れてしまいました。

いつかは、終わる日が来る。それが予定より少し早くなっただけの事。

画像先日のやめます日記では、たくさんのお仲間さんに「お疲れ様でした」と労いの言葉を頂きましたが、残念だったのは「やめないでくれー」の声がなかった事。まだ管理会社に契約解除を申し出てないので、そう言う声が大きければ、引き返す余地も残っていたのですけどね(汗)。

冗談はさておき、今迄お店と私を支えてくれたK-BARの常連様やお仲間さんには感謝しかありません。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

来年からは、一競馬ファンになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック