馬券ゲットも敗北感

画像先週のマイルチャンビオンシップは、相性(縁起)のいいレース。

初めて十万馬券を取ったのは1995年のマイルチャンピオンシップ。

愛馬ブルーメンブラット号が初めて私にG-Ⅰオーナーにしてくれたのが2008年のマイルチャンピオンシップ。

今年も、馬券バッチリで、勝負レース的中!(http://blog.livedoor.jp/k83131/)に、炎の十二番勝負!(http://k-bar.jp/autum_g1race.html)一人的中で単独首位。メインレース予想(https://k-bar.at.webry.info/201811/article_19.html)もズバリで優勝に大きく前進。

それなのに、それなのに・・・何故か気持ちが浮かないのは・・・

三着にアタマ差で届かなかったカツジ号。

あそこまで来たのなら届いて欲しかったなぁ~。私の馬券、三連単は外れになるけど、三連複はアルアイン(4番人気)なら5480円なのに、カツジ(16番人気)なら何と!413510円。

取ったのに敗北感一杯です(取ってるのに文句言うなと言われそうですが・・・)。

取りながら悔しい思いをしたレースと言えば2008年の秋華賞。ブラックエンブレムから馬連総流しで23080円の配当をゲットしたのですが、三着に粘っていたのが16番人気のプロヴィナージュ。ムードインディゴ(二着)が届かなかったらその配当は240190円。万馬券をゲットしながら虚無感一杯のG-Ⅰデーでした。

この秋華賞と同じ頃にに封切りされた映画「秋深き」(https://www.youtube.com/watch?v=jyLzqc1EJcQ)では、競馬場のシーンで、私達K-BARのお仲間さんがエキストラとして出演したのですが、ヒロインの一代の名前を叫びながら主役の八島智人さんが1-4を買い続け大穴を当てるシーンがあって、たまたま秋華賞が1-4で決まった事から「一代馬券やん」と、話題になりましたが、もし一代馬券を三連単の二頭軸マルチ(96点)で買っていたら10982020円の配当。一千万馬券をゲットしてました。「かずよー」

写真は、遊人が始める塾のあるビル。

月曜日は、内装の打ち合わせの立会(私、連対保証人になっていますので)。

天王寺駅から徒歩五分。近くに四天王寺高校と星光学園があるので立地的には最高の場所。既に、何名かの生徒も確保していて神戸で開校した時より順調なようです。

私も雑用係で雇ってもらおうかな(汗)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック