K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS もう二度と帰って来るか!こんなとこ・・・

<<   作成日時 : 2018/11/10 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像暦は今日が立冬(七日の水曜日に書いています)。

私、冬生まれなのに、寒いのが苦手で冬が一番嫌い。これから嫌いな季節を迎えると思うと憂鬱です。

しかし、冬にはいろんなイベントが控えていて意外?に忙しい。

お誕生日(個人的な事ですが)、クリスマス、お正月、そしてお店の周年記念も一月の末に。

今回の周年で十六年。もしかすると最後になるかも知れない周年祭。盛大に盛り上げたいと思っています。

さて、最近テレビのワイドショーによく取り上げられる話題と言えば年金問題。

若い頃は、気にも留めなかった話題でしたが、私も今や年金受給者。再来年には、国民年金の受給年齢に到達とあって嫌でも気になる話題です。

政府は、平均寿命が延びている事から、雇用年齢を引き上げて年金の受給年齢を七十歳基本とする方針のようですね。父母の頃は六十歳だった受給年齢が六十五歳に引き上げられ、今でも、年金を七十歳受給開始にする制度は存在するのですが利用者は僅か1%程度。

確かに、受給年齢を遅らせれば支給後の年金額は増えるのですが、六十五歳で受給した受給者を総額で追い越すのは、七十六歳六か月。つまり、それ以上長生きしないと五年間遅らせた意味がないのですよね。もし、七十六歳までに亡くなったら、普通に支給してもらっていた受給者の方が多くもらえたと言う皮肉。これも、ひとつのギャンブル。私の店にはギャンブルが好きな方が多数いらっしゃますが、このギャンブルにチャレンジするかどうか・・・いや、今後は七十歳が基本となって、七十五歳がチャレンジの領域になるかも(汗)。

厚生年金は、その一部が遺族年金として遺族に支給されるけど、国民年金はお葬式代として支給される五万円だけ。私の家内のように五十七歳で亡くなったら、支払うだけ支払って一銭ももらえずの払い損。

明日、自分に何が起こるかわからないし、自分の寿命が何歳なのかは神のみぞ知る領域。

私も元気な時に人生を楽しみたいと思っているので、いつ死んでも悔いはないと言う生き方をしたい。

二年後に受給権利を得る国民年金。決して引き延ばす事はありません(笑)。

それにしても、SNSで「年金ぐらしシジィ」と、罵倒した青森市議。

お年寄りを敵に回した罪は大きいよ。せっかくの初当選も次の選挙まで信頼を取り戻せるよう頑張らないと、失った信用を取り返すのは大変。

さて、明日で五か月続いたリハビリが終了。

手術翌日から始まったリハビリでは、開始当初200gしかなかった握力が20Kgまで回復。まだ以前の半分以下ですが、日常生活には支障のない程度まで回復。今後は、自宅で自主トレーニングをしながら月一回の検診。そして、来年夏のプレート摘出手術と運ぶ予定。

写真は、昨夜リハビリの先生と行った焼肉(顔出しNG)。

先日のリハビリで、「昨日焼肉行ったんですけど、全然美味しくなかった」「うちの近所の焼肉屋さん美味しいよ。妹の家族も明石からわざわざ食べに来るぐらいやから・・・」と、言う話から「良かったら連れて行ってあげようか?リハビリでお世話になったしお礼の意味も込めて・・・F先生と都合を合わせて日にちを決めて。平日ならいつでもOKだから」と言う流れから昨夜のお食事会となりました。

F先生、N先生、五か月の間お世話になりました。

最後に一言だけ言わせてもらいます「もう二度と帰って来るか!こんなとこ・・・(笑)」

(またプレート摘出の時は数日間お世話になるかも)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう二度と帰って来るか!こんなとこ・・・ K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる