K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 留守番電話に懐かしい声が・・・

<<   作成日時 : 2018/09/29 02:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像K−BARのあるビルの二階でも入院前の六月から四軒のお店が去って行きました(内一軒は次のテナントが入っています。

16年もお店を続けて来れたのもお仲間さんの支援があってこそ。

事故、入院で三か月の休業後、再開したK−BARでは、待ってましたとばかり常連様がお集まり頂いたのはもちろん。遠く横浜や金沢からお越し頂いたリピーターのお客様。そして、初めてK−BARの扉を開いてくれた初来店のお客様もありました。

十年持たない店が九割、三年続かないお店が七割と言う水商売のお店で十六年続けていると、懐かしい昔の常連さんが訪ねてくれる事も。

愛馬がドバイに遠征した時は、盛大な壮行会を開催してくれたY本さんが突然お越しになったのは、この春の出来事。多分、移転後のお店には初来店だったと思います(十年振り?)。

画像先日、お店の留守番電話にメッセージが入っていたのは、古いお客様ならよくご存知のぽんたさん。

移転前の旧店舗時代は、岸和田から毎週お越し頂いていた常連様で、百万馬券をゲットした時は、盛大な振る舞いをして頂きました(写真)。

「会社を辞めて独立する」と、聞いてからプッツリとご来店がなくなり。唯一の連絡網mixiも退会されていたので、その後の状況がわからないままでした。

お仲間さんに聞いても「競馬場でも見なくなった」と、言うから「自ら興した事業が忙しいんだろう。きっとお仕事頑張ってられるんでしょう」と、お仕事が落ち着けばまたお越し頂けると思い十年の月日が流れてました。

留守番電話の内容は「まだ開店の時間には早いですね(午後五時)。後ほどお伺いします」でしたが、その日はお越し頂けませんでした。

その日のマドンナは、ぽんちゃんもご存知のまりんさんなので、積もる話も盛り上がったと思うのですが・・・

もしかして、旧店舗に行った?(移転してから三年半の間、次のテナントが入らなくて、K−BARの看板が出てましたが、今は新しいお店にに替わっています)

新店舗には、お越しになった記憶がないので、旧店舗に行って、「あれ?店がなくなってる。もしかして閉店した?」と、勘違いして帰られた可能性も?

まぁ、電話が繋がっているのと、ホームページ等SNSでお店の情報も発信しているので、また近いうちにお越し頂けるかと思っています。

ぽんたさん、この日記を見たら、ご連絡くださいね。昔のお仲間さんも変わらずお越し頂いています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
留守番電話に懐かしい声が・・・ K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる