K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい家族

<<   作成日時 : 2018/09/19 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像先日のマンション総会で議案に上がっていた「ペット飼育に関する件」は、反対多数で否決になったようですね。

毎年、各階から理事長、副理事長、理事を歴任する管理組合。

「犬を飼いたいと言ってる部屋がある」と、言うのを聞いて「よし!俺がやってやろう」と、理事長を請け負った数年前(他の三軒は、女性所帯と言うのもあって)。

当時、管理会社がアンケートによる根回しをした結果反対意見が大多数。議案にもあげなかったのですが、その訳は管理規約を変更するには住人の四分の三以上の賛同が必要で、アンケートの時点で反対意見が大多数を占めた前回は已む無く断念。

画像再び、どこかの部屋から要望が出たようで、一ケ月ほど前にアンケート用紙が回って来ました。

もちろん、私は「賛成」で一票を投じたのですが、もう犬のいない生活に慣れてしまっているのと、今から飼えば最後まで面倒を見てあげられるかどうかと言う不安もあって、「ペット飼育可」になっても、今後我が家で飼う事はないでしょう。

今回は、賛成13、。反対が19、どちらでもないが4と、前回の調査より賛成派が増えてます。

私が理事長だった前回の時もある方から「賛成の住人ばかりを総会に集めて決を取れば通る可能性がある」と、根回し案を教えてもらった。

確かに、総会に出席されるのは、いつも七世帯前後。残りの四十世帯は「委任」なので、ペット飼育に賛成派ばかりを集めて決を取れば、四分の三に達する可能性はある。

ただ、アンケートは、管理会社にあって理事長と言えど個人情報を簡単に開示してくれず、やるなら個人的に調査して賛成派を見つけ出すしかない。

さきほど言ったように、犬のいない生活に慣れて来たのと、「もう辛い思いをしたくない」と、飼わない事を決めていたので、ペット飼育の案件も「もういいやん」と、私自身が議案にもあげず却下。

画像今回、今年の役員が十四階の順番と言う事で、再び議題に上がったようですが(十四階の人は、内緒でプードルを飼っているので住民からクレームが出たのでしょうか?)、なかなか管理規約を変更するのは厳しい状況と言わざるを得ません。

写真は、遊人が猫の愛護団体でもらって来た子猫。

「ちびニャンが一匹で寂しいから・・・」と、どこかで子猫をもらって来ると言ってましたが、昨日新しい家族として受け入れたようです。

「えっ?二匹もらったん?一匹や思ってたのに・・・」

「怒られると思っていたから黙っていてん」

「怒りはせぇへんけど・・・世話するの君やから・・・最後まで面倒見なければならないから、病気できへんで」

「うん!二十年長生きする♪」

ペットは癒しになるし、もしかすると長生きの秘訣かも・・・

そんな事より、近々エレベーターの入れ替え工事で一週間エレベーターが使えないらしい(エレベーターの対応年数は平均17年で、20年超えている我がマンションも取り換えする事になった)。

一週間も十一階まで階段で上がらなければならないなんて・・・もう引き籠りになってやるwww

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しい家族 K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる