K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤田岳彦教授とは何者なのか!?

<<   作成日時 : 2018/09/12 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像日記のタイトルになっている記事が「競馬王」今月号に掲載されています。

藤田教授と言えば、私達にとってはピーさん。

中央大学の教授で東京でお住まいながら、お店の常連。

実は、藤田教授は神戸の出身。実家は神戸にあるので、実家に帰られる時や、関西で仕事がある時、関西の競馬場で愛馬が走る時は、必ず私の店に立ち寄って頂けるので、お店では知らない人がいない立派な常連様。

そして、藤田教授は私と同い年。

初めてお店に来られた時に、実家が垂水と聞いて「えっ?もしかして垂中(垂水中学)ですか?」と、同級生なら卒業アルバムに載っているかも・・・と、質問したのですが「いや、灘中です」と、返事がきて思わず「すいません」と、謝ってしまいました。どうやら、私達凡人と住む世界が違うようです(汗)。

画像記事では、競馬を始めたきっかけから一口馬主となって出資。やがて一頭馬主に至るまでの経緯や、先日グリーンチャンネル(競馬専用有料チャンネル)の番組「競馬場の達人」で出演。

その馬券力を遺憾なく発揮された事で今回の取材を受けた事などが記載されていて興味深く読ませて頂きました。

ピタゴラス馬券を始めとする数学者としての独特な馬券術も、私の三連単三着固定も共通点は穴馬は三着に来る事が多い特性を活かした馬券術で、藤田教授の場合は三連複で保険を掛けているのと似ているのが、私は馬連で保険を掛けているところ(穴馬が一着、二着に激走した場合)。

画像忙しい中、愛馬の応援に競馬場へ駆けつける藤田教授だけに、愛馬の走ったレースは鮮明に覚えているので、馬券は愛馬の出走するレース中心で、「よほど酷い情報が書かれていない限り三着には愛馬を入れる」とか?

もちろん期待値も込めて一着固定が一番多いでしょうが(笑)。

藤田教授と言いますが、私達にとってはピーさん。

お店のお仲間さんも、競馬場でご一緒させて頂き、馬主席に連れて行って頂いたお仲間さんも多数。滅多に競馬場へ行かない(行けない)私も、福島競馬場遠征の時には、土日ともに馬主席でご一緒させて頂きました。

「四レース連続で口取りしてた」と、お仲間さんが賞賛するように、ピーさんの出資馬は走ると評判。

六十頭所有の真似はできないけど、一口馬主をされている方は、ピーさんの出資馬を参考にされてはいかが?

札幌記念を制したサングレーザー号も新潟記念を制したブラストワンピース号もピーさんの愛馬。当店主催のPOG(ペーパーオーナーゲーム)も、全て愛馬なので、紙の上だけでなくリアル馬主。

PO馬が優勝した時のワンショットプレゼントも、愛馬勝利と被るので、ピーさんだけはツーショットプレゼントです(汗)。

そんなお仲間さんから愛されるピーさんの魅力が存分に記された「藤田岳彦教授とは何者!?なのか」(全6ページ)。

是非、競馬王を買ってご覧ください(最後に宣伝を入れておきました)。来月号?には後編が載ります。

尚、ピーさん主演の番組「競馬場の達人」DVDは、お店にありますので、いつでもご覧になって頂けます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤田岳彦教授とは何者なのか!? K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる