マスターのリハビリ日記 ⅩⅢ

画像快気祝いの宴から一夜明けた昨日は、朝からリハビリで病院へ(お盆でも病院はカレンダー通り)。今週も病院と整骨院に通うのが私の日課です。

昨日は、退院から一ケ月経っているので、局部のレントゲン撮影。

主治医の先生から骨折箇所の説明を受けました。

何しろ、救急車で病院に担ぎ込まれた時は意識がなく、気が付いた時は病院の診察ベッド。先生からレントゲンの写真を見せられて説明を受けたのですが、意識が朦朧としていて「えっ?骨折?」「入院?」「なんで、俺、ここにいるの?」事の状況がまったく理解できてませんでした。

しばらくして、事故の相手が病室へ謝罪に現れ、初めて交通事故に遭った事がうっすらと記憶に蘇り、警察、保険会社、バイク屋さんからの話で、ようやく事故の状況がわかり衝突するまでの記憶を思い出して来たような状況でしたから・・・右腕のどこを骨折したなんて把握できてませんでした。

それから二ヶ月が過ぎて、事故当時の写真と昨日撮ったレントゲン写真を見比べて説明をしてくれた主治医。

画像右腕の骨折は、二箇所。

結構大きなプレートが入っていて、二十本近いネジで留められてました。いわゆる粉砕骨折。

剥がれてしまっていて、ネジで下から支えている状態なのだそうです。

「ふつうの骨折じゃないので、動きも悪いし腫れもなかなか引かない」と、早い人なら二週間ほどで引く腫れが二か月過ぎても引かない理由らしい。

「ちょっと時間はかかるけど、リハビリ頑張ってください」と、一ケ月分のお薬を処方してもらって診断終了。

画像その後のリハビリでは、「痛たたたたたた・・・・」

「今日は、いつも以上に厳しいやん。何か嫌な事でもあった?」

「自分に甘い!って、Tシャツに書いてあるから・・・」

あちゃー! 北陸旅行の時に、自分用のおみやげで買ったTシャツを着て行ったのが裏目に出た(汗)。

写真は、お隣さんに頂いたフルーツ(フルーツが大好きだった家内の祭壇に祀っています)。

先日、河野テーラーさんから頂いた桃のお返しで頂きました。エビでタイ釣ったとは言わないけど・・・

「ちょっと待ってください」と、北陸のお土産をお渡しして「先週、黒部ダムまで行って来たんです。右腕以外は全然元気なんで・・・」と、言うと・・・

「凄い陽に焼けてはる」と、笑ってられましたが・・・実は、お昼にうどん焼きを創ったので、ビールで赤くなっていたのだと・・・汗 お昼からビール飲んで、いい身分です(笑)。いつまでもお店を休んでられないと、内心は焦っているのですが(汗)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック