お店は満員、電話は鳴りっぱなし・・・

画像鉄板の投票には、「先行」「差し」「追込」の三通りあって、「先行」は、月曜日(または日曜日)に、特別登録の中から投票する方法。「差し」は、出走馬が確定する木曜日に投票する方法。「追込」は、枠が決定した後の開催日前日に投票する方法。

どの戦法も鉄板率(勝率)的には大差はないが、ドボンした時に被せがつかない「追込」は、ドボン率が高い。

まぁ、先行投票しても被せのつかない場合は意味ないし、追込投票もドボンすると思って投票している訳ではないので、どれが正解と言うのは永遠のテーマ。

昨日は、水曜、木曜がお休みだったので、午後七時を待って投票の電話が殺到。公平を期す為に、七時まで電話が鳴っても取りません(フライング来店は投票可)。

啓太郎さん、キュンキュンさん、みっきぃさん、ふぉ~!さん、チカさんと投票が入り、後ほど来店のみっきぃさんは、今週二度目来店で三頭目投票をされましたが、大西洋さん、ジュンイチさん、こころちゃんは、権利がありながら投票回避?

午後十時を回ってからご来店のピーさん。今週は、愛馬ミスエルテ号のNHKマイル出走で、お越しになると思っていなかったのですが、京都7レースに出走するサングレーザー号の口取りで急遽の関西入り。既に、サングレーザー号は、被せ投票まで入っていて、三番手投票のみ。

「えーーーーっ!」と、お仲間さんから鉄板の評価を得た喜びと驚きのピーさん。

来店がわかっていたら、予約投票できたのですが・・・予約投票とは、土曜日に来店されるお客様へ土曜日の鉄板も参加させてあげようと言う制度。金曜日のみの受付ですが、当日来店のお客様にも適用。よくセンターさんが「後から行きます」と、利用されています。

一番投票の帝王さんが来店される八時までなら、間に合ってました。

「まっ!勝ちますから」と、三番手投票するピーさん。勝てば、番手も三番手も関係ありません。

画像さて、昨夜も、常連さんに初来店のお客様。そして、私の一番嬉しい再来店(リピーター)のお客様がご来店で、大入り超満員。四日連続で途絶えた大入り記録。昨夜から再び記録チャレンジです。

写真は、お馴染みドボン帝王さんと、昨夜が二度目のご来店となるMAXBAUTYさん(写真左)。

先日の天皇賞でご一緒させて頂き、その後四国から広島を回られていたMAXさん。帝王とは、広島で合流して昨夜のご来店となりました。

写真は、帝王さんから頂いた愛媛と広島のお土産。いつもお気遣いありがとうございますm(_ _)m

MAXさんは、天皇賞当日にスイートピーSを含む万馬券二本ゲット!

帝王のお勧めにより万馬券報告されて「日記ネタ」と、帝王から馬券の画像を送ってもらいましたが、規定の枚数(三枚を越えると手間が倍)を越えたので割愛させて頂きます(笑)。

「認定万馬券二本って、俺に並んだやん」と、帝王。実は私も今年安い万馬券二本。絶不調です(汗)。

画像さて、MAXさんの万馬券画像を押しのけて採用になった写真は、現在三つのG-Ⅰイベントでリーチ(POG1位、ポイントダービー2位、十二番勝負!2位)を懸けているタンさんと、初来店のサーガさん(写真左)。

「ポイントダービー抜かれちゃいましたね」「だから、今日初来店の友達連れて来ました」と、タンさん(新規お客様同伴ならポイントダービーの投票権100Pプラス)。

タンさんとサーガさんは、タンさんか昔勤めていた会社の同僚で、競馬仲間。つい先日も、桜花賞を一緒に現地観戦して、レーヌミノルが勝った瞬間、聞いたことのないような雄叫びを挙げていたとか(笑)。

昨夜は、一発逆転を期すポイントダービーと、途中参加の十二番勝負!に加え「POGも参加したい」と、言う事で、「オークスが終わってダービーまでの週に、再びお越しください」と、お伝えしました。

以上、本日の日記終了。今から仕入れに行かないと・・・




<イベントセット> おまかせボックス投票箱・投書箱等、色々使えるボックスです【抽選セット 販促品 年末 歳末イベント 大売出し 特価セール感謝祭 お祭り 記念セール】
KYOWA(共和)Gift&Shopping
●投票箱・投書箱等、色々使えるボックスです。●現品(組立時)約20×10.3×22cm●紙●セット内

楽天市場 by <イベントセット> おまかせボックス投票箱・投書箱等、色々使えるボックスです【抽選セット 販促品 年末 歳末イベント 大売出し 特価セール感謝祭 お祭り 記念セール】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック