ウイナーズサークル

画像写真は、毎週月曜日に送らせてもらっているメルマガの一ページ。

左側はも現在のイベントチャンピオン。

先日のポイントダービーで優勝されたフグタさんを始めとして七名のG-Ⅰウイナー(万馬券ベスト10は、三部門)。

その下の青い帯は、G-Ⅱイベントの覇者。既に、馬券道場は、廃止されたイベントですが遺跡として残しています。更に、その下の黄色い帯は、G-Ⅲイベントの覇者。殆どが休止中のイベントですが、来年の一月に「ダビスタ選手権」が久々に復活します。

そして、今回右側の「ウイナーズサークル」を創り直しました。

今迄のウイナーズサークルは、現在のイベント覇者のラインナップでしたが、G-Ⅰイベントに絞って歴代覇者の輝かしい成績を讃えています。

現在、五つのG-Ⅰイベントの内、四つを制しているのが当店唯一の四冠王TKO倶楽部さん。

続いて、三冠を制しているのが、「駿」編集長さんとシロクマ殿下さん(勝利数の多い順に並べています)。

二冠を制しているのは、十名。

K-BAR最多のG-Ⅰ、13勝しているみっきぃさんでも二冠。三つ目のG-Ⅰには届いていません。

一冠は43名いらっしゃる関係で、抜粋して記載。過去のお客様より現在の常連様を優先して選びました(勝利数順)。

それぞれG-Ⅰを制したお仲間さんには、お店のウイナーズサークルにボトル勝負服を飾れる権利があって、イベントの優勝景品もボトル勝負服を選ばれるお仲間さんがほとんど。

「万馬券ベスト10」と「POG」では、ボトル勝負服を景品に出していませんが、自費で飾れる権利はあります。

「穴狙いやから鉄板は・・・」

穴狙いの私が、毎年優勝争いをしています。

「あんまり万馬券とか買わないから・・・」

WIN5なら、簡単にミリオン行きますよ。今年は首位でも100万割ってるし

「十一番勝負は、開催中数回しか行かないし・・・」

過去には、六倍で優勝したお仲間さんがいます。コツは前半戦で倍率を上げてしまう事。

「ポイントダービーは、パワーゲームやし・・・」

一撃で優勝されたお仲間さんも数名いらっしゃいます。前回もあわや初参加初優勝だったし

「POGは、血統詳しくないからよくわからんし・・・」

私もまったく知らないままやりながら覚えました。初年度は奥手の馬ばかり選んで出走したのは四頭。そんな私でも優勝できましたから・・・

皆さん、頑張ってG-Ⅰウイナーになってくださいね。

実は、TKO君より先に全冠制覇を密かに狙っています。毎週100Pしか投票権がないポイントダービーが、一番厳しいと思いますが・・・

尚、このウイナーズサークルを始め、イベントの成績を纏めた資料を週明けにメールにてお送りしています。ホームページでは確認できないもの(POG団体戦)などもあるので、ご希望のお客様は、お申し出くださいね。

さて、昨夜も初来店のお客様をお迎えして大賑わいの金曜りっちゃんBAR。

昨夜の初来店さんは、東京からお越しの団長さん。

「前から気になっていたんですけど、いつも阪神競馬の後はフランケルさんに寄って帰るものですから・・・」と、今回の関西遠征は、木曜日の園田金杯にお知り合いの馬主さんの愛馬応援(二着だったそうです)の後、週末の阪神競馬観戦。

団長さんは、セカンドテーブル号の馬主さんとお知り合いで、今回の阪神遠征も馬主席から土曜3レースに出走するサウンドテーブル号の応援が最大目的。無事口取りが叶うよう応援してますね。

K-BAR唯一の四冠王TKO倶楽部さんがご来店。

昨夜は、年明け21日か28日に開催予定のダビスタ選手権の下見にご来店。

先日設置完了のHDMIにスマホを接続して試運転。スマホの画面をモニターに写せるので、過去に出演した競馬番組や京都競馬場の大運動会(1200mダートリレー)など、保存しているデータを写して大爆笑。

隣で、「ダビスタ選手権」参加予定のケンイチさんが着々と馬作りに虎視眈々。

只今参加者募集中です(日程と詳細が決まり次第日記にて発表)。

今年はPOGにやる気満々のTKOさんが五つ目のG-Ⅰ鉄板に投票。

「PO馬を鉄板に入れるもんやない~」と、オーライさん口調でりっちゃんにけん制されてました(笑)。

TKO倶楽部さんがお帰りになってから、来店されたのは美女二人(一人は元マドンナ)。

「今、TKO帰ったとこやねん」「そーなんや」それだけでした(爆)。

凄い美人だったのですが、写真NG。そう言えば、初来店の団長さんにも写真お願いするのを忘れてました(汗)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック