ルメールショック!

画像おはようございます。柴ドボンです。

いやぁ~やっちゃいました。

久し振りの週末主役独占。今週は、土曜も日曜もルメール騎手の大活躍?(四着)に悲鳴を上げた一人。週末の主役を独占したのは、2014年10月4日~5日以来二年一ケ月振り。

首位に立ってから「被せ無用宣言」をして参戦していますが、目の前で候補馬を被せまで行かれて仕方なく残った候補で戦うのは正直きついです(笑)。

小頭数は、一見不利に思えますが、後ろからの着順判定と言うルールは、四着以下の事。フルゲートに比べて、三着内確保は容易と考えてます。

前夜の店でも「このメンバーで、三着外すようならクラシックうんぬんなんて言えない」と、豪語していて自信満々。

画像ところが「まさか」の事態が、本当に起きてしまいました(汗)。

若馬の場合、新馬一走だけでは信頼できないですね~キャリアの浅さを露呈してしまうケースも多々あり、先日のヴァナヘイム号も、新馬であれだけのパフォーマンスを見せていながら二走目は案外でしたから・・・

しかし、私以上にショックが大きいのは、大量ポイントを投入して獲得したPOG所有者のねぼちゃんかも?

この一走だけで見限るのも早計ですが・・・

それにしても、今年の二歳は牝馬が豊作。

ファンタジーステークスを制したピー厩舎のミスエルテ号、アイビーステークス勝ちのタナカインパクト厩舎ソウルスターリング号、新潟二歳ステークスの覇者キュンキュン厩舎のヴゼットジョリー号、小倉二歳ステークス勝ちで京王杯二着のタン厩舎レーヌミノル号、牡馬を一蹴してデイリー杯二歳ステークスを制した馬吉48厩舎ジューヌエコール号を始め百日草特別を勝ったアドマイヤミヤビ号(HG厩舎)や中京二歳ステークスを制したディーパワンサ号(TKO倶楽部厩舎)もクラシック候補。

画像私のPO馬リスグラシュー号も、アルテミスステークスの後は戸崎ジョッキーでジュベナイルに向かう予定だが、朝日杯の方が組みし易いんじゃないの?(武豊騎手も朝日杯勝ってないし)

今年は、牡馬もクリアザトラック号と言うクラシック候補がいる柴ボン厩舎。最後までPOGを楽しめそうです。絶対に欲しかったベルダム号(15000Pで落札)の失速には正直がっくり来ましたが・・・(ねぼちゃんや帝王の気持ちがよくわかる)

さて、十時になったら仕入れに出掛けましょうかね。今日は昼前にメジロイーグル号(バイク)を放牧(修理)に出すので、スーパーが開くと同時に行動開始。なんとか雨も持ってくれそうな気配です。

写真は、来る周年記念に向けての記念品。

メーカーが次々とサンプルを送って来ますが、ボールペンとキーホルダーを大量に創ったところやし・・・

年末には、お世話になっている常連様限定で、メモ&付箋付きカレンダーを進呈予定で発注。

来年一月末の周年記念祭は「景品交換箱」も充実のラインナップでお届けします(一月中旬からご来店のお客様に抽選券配布)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック