明暗分けるLOVE鉄板

画像おはようございます。

競馬開催の慌ただしい朝。

大急ぎで日記を書いています。

こんな時の為に、「ストック日記」があるのですが、夕べのネタを忘れそうで・・・年なので。それでなくても、前夜の事は、翌朝日記に書いて翌々日公開。二日後になるのでねそれ以上は延ばせません(汗)。

さて、昨日の鉄板。実は、またしてもLOVE鉄板に助けてもらいました。

金曜の夜の事。

私「りっちゃん、このリストの中やったらLOVE(被せ)してあげるよ」
りっちゃん「えーっ、先週もマスターに被せてもらった馬が三着で、別の馬は一着でした」
私「でも、それ以外の馬は全部勝って五勝。りっちゃんが選んだ馬だけが三着やん」
り「違いますよ。私が投票した馬が、マスターのリストにあって被せてくれたんですよ」
私「でも、りっちゃんが予想した馬には違いないやん(笑)」

そこで、また私のリストにあったゴールドフォレスト号(新潟3R)を「ふぉ~!さんがLOVEしなかったら被せてあげる」と、言っていた矢先、ふぉ~!さんから予約電話「明日、行きますので予約投票を」と、偶然ゴールドフォレストの馬名があがり・・・

「それ、りっちゃんが投票してます」
「じゃ、遠隔LOVE鉄板で♪」

と、LOVE鉄板成立。

既に、ご存知の通りゴールドフォレスト号は最下位。一旦は、ドボンの主役に挙がり配給も五杯で、番手のりっちゃんに魔の手が伸びるところでした。

そこで、救世主として登場したのが、浪速のドボン帝王さん。

見事なびゅ~うてぃふるふぉ~で、主役奪取。結局、この日は、帝王が五杯、ふぉ~!さんが二杯の配給で、見事にりっちゃんを守り切りました。

いや~、ふぉ~!さんが投票しなかったら、私が番手。またしても、ふぉ~!さんに助けてもらいました(笑)。

そんなふぉ~!さん、昨夜の鉄板投票は、「こんなにメンバー少なかったらドボンしそうやん」と、投票回避。

いやいや、メンバー少ない時こそ、ドボンしても配給は僅か。ここは、強気に攻めなくては!

昨夜のお店では、「あれ?ふぉ~!って、誰かの寝とったコメントに、逃げとんか!と、喧嘩売って、私はドボンしても逃げも隠れもしませんって、言ってなかった?」と、大爆笑。

そう言えば、土曜日の主役も、日曜日の投票回避(電話なし)。落ち込んでなければいいのですが・・・

LOVE鉄板のヒロインりっちゃん。「マスター、明日PO馬のエイシンスペード号と名付け親のエイシンリンリン号が京都で出走するので、幕を出します」と、言っていたのですが、きっちり店に忘れて帰りました(笑)。私も忙しくて、帰ってから気が付いた(汗)。

画像そして、日曜日の鉄板。

私がザンヌちゃんに、「このリストの中から投票するのなら被せてあげるよ」と、提案。「どれがええの?」の問いに、「これっ」と、指差したのはサトノクリエション(京都1R)。

思案中に、お客様が続々とご来店。話が途切れてしまい・・・

「よし!俺がザンヌにLOVEしたろ!」と、国玉さんが二頭書いた内の一頭は、サトノクリエション。

仕方なく、私は三番目の候補を投票。

サトノクリエションは、可もなく不可もなく(二着)だったものの、私の投票馬サイレントサード(東京2R)は、ブービー。昨日は譲って正解も、今日は・・・この日記が公開される頃には、結果がわかっていますが(笑)。

写真は、そんなふぉ~!さんと国玉さんからの差し入れ。

ふぉ~!さんは、北海道でなく、北海道「展」に行って来られたそうです。

画像さて、昨夜の土曜スザンヌBARも、ボックスフル回転の大盛況。

今月から、イベントデー以外の土曜日は、金曜と同数の12名に変更したのですが、アッと言う間に大入り確定。

13人目のオフレコさんが「あと少し早かったら・・・」と、悔しがってましたが、そう言えば昔はマドンナの〇〇(大入りの御礼)を狙って、時間を調整して来店されるお仲間さんもいましたね。昔は、月の半分ぐらい大入りが乱発してましたから。

昨夜は、初来店がなかったものの、今やすっかり常連の明石のみっちゃんさんやヤナさん。そして、今年からPOG参加のサミーさんは、的中倍増券を使ってポイントダービーに勝負!

残り三名となっていたPO馬未出走組から脱出(本日デビュー)。聞けば、十月生まれとかで、5日に開催するお誕生会の主役。マイコースター発注しときますね。

最後の写真は、愛馬キュイキュイ号初勝利のお祝い。お兄さんは、昨日の富士ステークスを勝ったヤングマンパワーです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック