周年最終日は、恒例「競馬変態クイズ」予選

画像今年もアッと言う間に周年祭が幕を閉じました。

最終日は、今や周年祭の目玉イベントとなった「競馬変態クイズ」予選会。

毎年、司会者連合のTKO倶楽部さんと「駿」編集長さんに問題と司会進行をお願いしているのですが、今年はTKO倶楽部さんが所用で参加できず。昨年に続き、「駿」編集長さんに、問題作成だけでなく司会進行と点数管理もやって頂きました。

さて、今年も「我こそは競馬変態」を自負する十名のお仲間さんを集めて大いに盛り上がった変態クイズ。

結果は・・・と、言うと今年初参加の博士さんと、フグタさんの内、博士さんは下馬評通りのぶっち切り優勝。その変態振りは、初参加初優勝の可能性さえ抱かせるド変態振りでした。

画像一方のフグタさん。

序盤は、一人正解のW得点を二度も獲得するなど、その変態振りは異彩を放っていたのですが・・・

後半失速。四番目の椅子を巡って競っていた大神源太さんに逆転を許し五位入線で、決勝は出走取消待ちの補欠一番手。

原因は飲み過ぎ?

最後の「書き問題」では、「名前が出てこん」と、完全に酔いが回ってました(笑)。

思えば、ぶっち切り一位通過の博士さんも、一昨年優勝の実力派ドボン帝王さんも「クイズが終わるまで禁酒」とばかり水を飲んで素面でのチャレンジでした。

画像しかし、真剣に問題と向き合い予選一位通過で、決勝戦に駒を進めた博士さんですが、決勝戦当日の三月五日に休みが取れるかどうか微妙なそうです。

ここで、皆さんに問題の一部を紹介します(mixiでは、ライブで問題をつぶやいてました)。

写真は、お馴染み「16分割問題」。この16頭に共通するレースを答える問題です。

左上から横に流れて行き、最初のヒントで解れば150点。ヒントを開く度に10点ずつ獲得点数が下がって行きます。

アグネスフローラから始まり、マルセリーナまでは桜花賞が答えだと思っていたのですが・・・「待てよ。確か非常に難しい」と、司会者が言っていたのに気付いた瞬間ウオッカが登場。「あれっ?やはり答えは桜花賞じゃない」16番目に今年このレースに勝ったレッドアヴァンセが登場して正解はエルフィンステークス。

画像こう言った映像(テレビ)を使ったクイズが全33問。

見事、決勝戦の切符を勝ち取ったのは、博士さん、308さん、ドボン帝王さん、大神源太さんの四名。

本番では、解答だけでなく出題もして頂くので、約一ヶ月の間に準備をお願いいたします。

この日は、変態クイズ終了後も話題はクイズ一色。オーライ塾開校で、最終電車ぎりぎりまで、盛り上がった変態ども。シード持ちで、この日はギャラリー参加のオーライさんですが、どうやら出題したかったようでイキイキしてました(笑)。

最後に、出題と司会進行を務めてくれた駿編集長さん、ありがとうございましたm(__)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック