ちょっと聞いて自慢話(笑)

画像只今、26日火曜日の昼下がり。

予約機能を使って日記を書く場合、必ず書き添えるのが書いてる時間と話題の日時。

「いつの事かわからなくなる」と、言うお客様の要望で書き添えています。まぁ、お店の常連様ならではの要望ですよね。「いつ誰がお店に来てるか」なんて、ネットで見ている読者さんにとっては、どうでもいい事ですから(笑)。

と、言う事で今日の日記は、一昨夜(月曜日)。

ナミサンさんのおかげで、閑古鳥が鳴いていた月曜の夜も、随分とお客様にお越し頂けるようになりました。「おっさんBAR」大嫌いなKEIさんでさえ、「ナミサンがいるから、まぁええか」(まぁ、ええかって失礼な)と、珍しく月曜日にご来店されるし、月曜日には珍しい(初めて?)酒飲みッキードリームさんや、ハリーさんも「ナミサンにご結婚のお祝いを述べないと・・・」と、ナミサン効果で、ご来店がありましたm(__)m

そんなナミサンさんは、今週末愛馬アヴニールマルシェ号の応援で新潟競馬場まで遠征予定(札幌のキーンランドSで走る愛馬レッドオーヴァル号の応援と、どちらに行くか迷ったそうです)。

昨年の新潟二歳ステークスも、桜花賞馬と皐月賞馬の決着。ここを勝つようなら、来年のクラシックに向けて大きく夢も広がりますね。

ところで、当のアヴニールマルシェ号、当店主催のPOG(http://k-bar.jp/pog_main.html)では、ナミサン厩舎ではなく、なっちさんのPO馬なんです。

「ナミサンから譲ってもらったので、引き下がる訳には行かない」と、今年度の最高入札ポイントを演出したなっちさんのPO馬アヴニールマルシェ号。出遅れながら差し切った新馬戦の内容からも期待せずにはいられないでしょうね。来週は是非、PO馬&愛馬の祝勝会といきたいもんです。

画像さて、PO馬と言えば、先々週の札幌でデビューした私のPO馬シャルール号も、期待以上の走りで、札幌二歳ステークスの結果次第では、来年のクラシックが楽しみになります。

シャルール号は、柴ボン厩舎牝馬四位指名(http://k-bar.jp/pog_horselist.html#list30)。

ドラフト会議中、牝馬三位までにディープインパクト産駒が獲得出来ていない事に気付いていました(1位でディープ産駒を指名して入札負け。外れ一位でハービンジャー産駒を獲得)。

残るは一頭。代理投票をお願いしていた馬吉48さんが、カウンターに座られていたら多分、四位指名を中止してもらうようお願いして、後日残ったディープ産駒から選んでいたと思うのですが、この日は来店が遅れてボックスに陣取った馬吉48さん。

毎年、代理投票をお願いするお仲間さんは、カウンターに座るお仲間さんにお願いして細かい指示をさせて頂いていただけに、いつも一番乗りする馬吉48さんがボックスに陣取る事になるのは、私も完全に思惑違い。入札のポイントや指名順の入れ替えなど、意思疎通が難しかったのは言うまでもありません。

それでも指名をストップして後日残ったディープ産駒から選ぶ選択肢もあったのですが、昨年も残ったディープ産駒から選んだPO馬が未勝利に終わった事もあって、「ここは、運に任せよう!」と、指示を出さずに挑んで獲得したのが、シャルール号でした(カウンターに座られていたら、多分四位指名を止めていました)。

思えば、馬吉48さんがボックスに陣取ったのも、昨年のディープ産駒後日指名が不発に終わったのも、すべてが、シャルール号獲得に繋がった何かの縁。今のところ結果オーライです♪

先日のグリーンチャンネル「KEIBAコンシェルジュ」で、むねひろさんが「気負いながら大外を回って六馬身差の楽勝。当日同距離であったオープン特別競走より、勝ち時計も上がりタイムも速く、間違いなく重賞級!」と、絶賛してくれたシャルール号。今後が本当に楽しみになりました♪

しかし、残念なのは、愛馬でない事。上のサンジェナーロ号は愛馬なのに・・・

結局、今日の日記は月曜夜の話三割で、七割が私の自慢話でした(汗)。

写真は、昨年のPOGで優勝されたチャッピーさんのボトル勝負服。

今年度より、「ポイントダービー」「炎の十一番勝負!」「明日の鉄板!」以外景品としては出していないボトル勝負服を、「POG」「万馬券ベスト10」のG-Ⅰイベントで優勝されたお仲間さんに実費にてウイナーズサークルで飾る権利を設けました。

チャッピーさんのボトル勝負服(広尾レースのデザイン)。実費第一号です♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック