マリージョーイ

画像今日も予約日記。只今、木曜の午後三時。あと一時間もすれば、出走馬確定で、更新作業が忙しくなるので、その前に日記を書いておきます。

今週は、札幌記念があると言う事で週末北海道に行かれるお仲間さんが多数いらっしゃいますね。

「あ~ぁ、今年の夏も、結局どこも行けなかったなぁ・・・・」

お店のお仲間さんが、北へ南へと遠征されるのを羨ましく思う今日この頃。

家内が、まだまだ旅行に行ける体調ではないし、この仕事をやっている限り週末を休むのは自殺行為。自宅から30分の阪神競馬場ですら、長らく行けていません。

画像私が札幌競馬場に行ったのは、37年前の事。まだ、芝コースがなく札幌記念もダートの2000Mで行われていました。札幌競馬場に芝コースが出来たのが、90年と言うから25年前。札幌と函館の開催が入れ替わったのが97年だから18年前。

私にしてみれば、随分最近。もっとずーっと前だと思ってました。

当時は、福永祐一ジョッキーのお父さん洋一ジョッキーの全盛期で、「天才福永」が乗ると印のない馬でも人気して、また飛んで来たものです。穴党の私にとってはやっかいな存在。ただ、馬主さんや関係者さんにとっては、洋一ジョッキーに乗ってもらえるのは、最大の誇りでした。

画像札幌競馬の最終週を競馬場で過ごし、その後函館競馬の開幕週に合わせて道南を一周して戻って来る計画の途中、牧場銀座で知り合った牧場(YH実習牧場でした)で過ごした時間が忘れられなくて、函館競馬の後、牧場へと後戻り時間とお金の許す限り牧場で過ごしました。

翌年、実習生ではなくバイトとして半年間お世話になった牧場で、お世話した当歳馬が新馬、特別に連勝。桜花賞では、天才福永洋一騎手が乗ってくれる事が決まってました。

ところが、その前哨戦に選んだ毎日杯で、洋一騎手の騎手生命を奪う落馬事故に見舞われるとは思いもよらず・・・

古い競馬ファンの方なら、ご存知だと思いますが、事故は前で起きた落馬事故を避けようとして起きた落馬事故なので、馬は無事でその後CBC賞と金鯱賞を勝つ名馬となったのですが、「自分達の育てた馬が、福永騎手に大怪我をさせてしまった」と、その事故をきっかけに牧場を廃業されてしまったのです。

現在、乗馬ができるYH(ユースホステル)をご家族でされているパパさん、ママさん。

毎年年賀状を頂きますが、以来36年行けていません。

「お二人が元気な内に、行きたいなぁ~」と、思いながら今年も夏が過ぎようとしています。

<写真は、一歳時のマリージョーイ号>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック