POG参加予定のお仲間さんへVol2

画像POGドラフト会議まで、二週間余り。ご参加予定の皆さんは、着々と指名馬選びの作業が続いていると思います。

さて、本日はドラフト会議に参加せず、代理投票で参加するお仲間さんへの注意事項を書かせて頂きます。

ドラフト会議は、開催する場所のキャパの関係で定員20名としています。つまり全参加者の半分も参加できません。

そこで、会議に参加できなかったお仲間さんは、他の参加方法を選択せざるを得ません。

他の参加方法は、「代理投票」「代理投稿」「後日投票」と、三つあります。

代理投稿と後日投票は、後で説明するとして、まず代理投票について説明しますと、

「代理投票」とは、会議に参加するお仲間さんにリストを預けて投票をお願いする参加方法です。

その場合のリスト記入方法について説明します(これが大事です)。

写真は、私が昨年代理投票をお願いした参加者にお渡ししたリストです。

参加者にお渡しするリストは、必ず種牡馬順にまとめて記入するようお願いします(写真1)。

この理由は、会議に参加されたお仲間さんならご存知と思いますが、参加者は自分のリストと預かったリストの二枚をチェックしなければならず。種牡馬がバラバラに記入されていると、リストをチェックする作業が困難だからです。

司会者は、「父・・・・・」「母・・・・」と、指名馬を紹介して行きますので、「父・・・・」と、言った時点で父欄をチェックするだけで済むのですが、父がバラバラに記入されているとリスト全部をチェックしなければならず、司会者の読むスピードについていけません。

尚、逆に指名順は、バラバラでもチェックする時間は、十二分にあるので問題はありません。何しろ一位全員が決まらないと、二位の投票に進まない訳ですから・・・

画像写真2は、悪い例で、指名順に並べてみました。

このリストでは、司会者が「父ディープインパクト」と、言った時点で、ディープの欄をチェックするのですが、ディープがリスト全面に散らばっていて、「母・・・・」と、言ってる間に捜し切る事が出来ず、次の指名馬の読み上げが始まってしまいます。会議参加者は、二枚のリストを同時にチェックしている訳ですから捜しやすいよう仕上げなくてはなりません。

ちなみに、昨年の私のリストでは、黄色が獲得馬。

指名順で並んでいる写真2で検証すると、最初に投票した指名1位のトゥザワールド号は、ポイント入札で負けて、3位ベルキャニオンを再投票で獲得(2位オルドリンは、他の参加者が最初の投票で獲得されていました)。牡馬2位指名と3位指名は、ポイント入札無しで一本釣りできたのですが、牡馬4位は、指名順24位の馬。

これは、同一種牡馬禁止のルールにより指名順上位のキングカメハメハ、ディープインパクトの産駒は指名できず、11位ネオユニヴァース産駒は、既に上位順で指名されていたので、指名順24位のネオユニヴァース産駒に落ち着きました。

一方、種牡馬別に並べた牝馬のリストですが、同一種牡馬禁止のルールを踏まえた上で検証すると、1位、2位、3位と、思惑通りに獲得できていて、4位のディープインパクト産駒のみ希望2位。1位希望のウィキウィキ号は、上の順位で牠の参加者に獲得されていました。

まぁ、ディープ産駒を4位指名する無謀な懸けに出た結末です。

説明が長くなりましたが、要するに代理投票のリストは、種牡馬別に記入が鉄則。これを必ず守ってくださいますようお願いいたします

そして、次に代理投稿について説明いたします。

「代理投稿」とは、同じくリストを会議までに届けてもらう訳ですが、会議参加者の人数の関係(代理投票定員18名)で会議中にリストをチェックする事が出来ず、先に指名順1位から4位を投票用紙に記入。1位は、会議参加者と同等に投函されますが、1位が牠の参加者と被った場合、ボイント入札に参加できないので自動的に2位の投票が再投票で投函されます。それでも被った場合は、3位、4位の投票用紙が投函され、1位で全ての投票が終わってしまうケースもあります。

それだけに、人気馬ばかり記入すると一頭も取れないと言うケースも生じますので、指名馬は充分検討の上、決定してください。

尚、会議中で、一頭も決まらなかったらどうなるの?と、言う質問ですが、会議後にリストを検証。リスト上位順に検証していき、会議で選ばれなかった馬の中からPO馬を決定していきます。

尚、「代理投票」も「代理投稿」も、会議でPO馬が全て埋まらなかった参加者は、後日投票同様に、最終日の六月四日(水)までに残りのPO馬を決定して頂く予定です。

後日投票を予定しているお仲間さんも「この馬だけは欲しい」と、言うのがあれば、会議開催日までにリストを届けて頂く事で、代理投稿にて獲得が可能です。

何しろ、一位が全部決まるまで、二位に進まないのがドラフト会議の定義。必ず欲しい馬がいるのなら、「会議が終わるまで残っているやろか?」と、心配するよりリストを届けてもらう方が得策と思います。 残りの馬はゆっくり選べはいい訳ですから・・・

最後に、データを担当してもらっている駿編集長からの注意事項です。

「母名は、一字一句間違わないでください」

会議中、データを担当する駿編集長は、母名から検索して「被っているか?いないか?牡馬、牝馬間違えていないか?」を検証していきます。

母名が一字違っていると、出て来なかったり違う馬が出てきたりして、会議進行の妨げとなります。会議をスムースに進める為にも、母名は、絶対間違わないでください。

それでは、ドラフト会議でお会いしましょう♪(シバキ、いやシバタの帝王より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック