りっちゃんBARに強い味方♪

画像お店をオープンした当初、難波に出れば必ず寄っていたのが、アメリカ村にある「馬小屋」さん。

ポイントダービーhttp://k-bar.jp/point_derby.html)や炎の十一番勝負http://k-bar.jp/autum_g1race.html)で、優秀な成績を挙げられたお仲間さんに差し上げる景品を仕入れに伺っていたのですが、お陰様で近年は競馬関係者のお客様や馬主さんを始め、イベントに協賛してくれるお仲間さんから「イベント用に」と、たくさんの競馬グッズを頂き、いつしか馬小屋さんも縁遠くなっています。

皆さんのご協力で、イベントの景品だけでなく「周年記念」のお宝抽選会にも、豪華な景品を外れクジ無しでプレゼントする事ができ、K-BARのお仲間さんに大変喜んで頂いています。

そして、最近はイベントも「優勝以外はいらない!」と二位以下のお仲間さんから景品と交換に次回へのリベンジ券(ポイント倍増券)を望まれるお仲間さんが多く。今回の景品も前回の横滑りです(笑)。

さらに、周年記念祭のお宝抽選会も、数年前から登場した「マドンナ券」(写真)を望まれるお仲間さんが急増。私の自宅には、競馬グッズのお宝が一杯埋もれています(来年の周年記念も、豪華景品満載になります)。

さて、そんなマドンナ券ですが、有効期限(翌年の周年記念まで)が、あと三か月となりました。

まだまだ未使用のマドンナ券を多数お預かりしています(最大11枚保有しているお仲間さんも)。せっかく苦労してゲットしたマドンナ券。期限切れで、紙切れにならない内に権利行使してくださいね。

画像さて、昨夜もマドンナ不在のおっさんBARに拘わらず、たくさんのお仲間さんにお越し頂き本当にありがとうございます

写真は、おっさんBARの常連・おひょいさんのイベント「WIN4」

夏競馬の間、お休みしていたイベントが、秋のG-Ⅰ開幕とともに再開♪

今回は、春の大会からキャリーオーバーしていて、さらに豪華な景品が進呈されるそうです。

「土曜日、暇なん?ブログ見てるけど・・・」一番忙しい筈の土曜日が不振な事を気に掛けて頂いているおひょいさん。

「よっしゃ!りっちゃん応援したる!」と、りっちゃんBARに強い味方が登場。

「どっちみち、これ(WIN4投票用紙)を取りに来なあかんからな」と、おひょいさん。

持って来て、回収に来て、本当にありがとうございます(りっちゃん以上に、私が感謝しています)

りっちゃんBAR、一緒に盛り上げてくださいね♪

画像写真は、おひょいさんに頂いた写真のコピー。

何と!昭和28年。シャープがテレビ第一号を作った時、電気店をされていたおひょいさんのお父さんが息子(おひょいさん)を連れて一週間の組立講習会に参加された時の記念写真(後を継がせるつもりで、連れて行ったそうです)。

只一人学生服なのがおひょいさんです。凛々しいですねぇ~

今でこそ、テレビは一家に一台と言うより、一部屋に一台の時代ですが、当時の値段で一台17万円していたそうです。

当時、テレビは、電気屋さんの街頭テレビに群がって見ていた時代。

テレビだけでなく、電話も自家用車も近所で一番だった我が家。当時、近所の幼馴染が、鉄腕アトム(実写版)やナショナルキッド、月光仮面を見に集まって来ました。まさに、オールウェーズ三丁目の夕陽そのものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

原始人
2018年02月18日 01:12
古い記事ですが、懐かしいので、コメントさせていただきます。テレビが普及し始めた頃は、ヒーロー物が全盛期で、少年ヒーローの代表が、実写版鉄腕アトムでした。残念ながら、本放送の時は、私の住む地域では、電波が届かず、光文社の雑誌「少年」に掲載されている記事を学校で友達に見せてもらって、漫画とは、全く?違うテレビのアトムを知りました。「少年」の正月号のグラビアで、「テレビのアトムの瀬川雅人君」と紹介された上半身にも服を着て、マフラーをしているアトムには、驚きました。
それでも、漫画と違い、等身大の実写アトムは、かっこ良いと思いました。
テレビを観たいと思っていたら、何と、「少年」の2月号には。「アトムは、火星探検隊長になったので、瀬川君は軍服を着ました。かっこ良いと大評判です。僕らも、瀬川君を応援しましょう。」と、軍服を着て、隊員と敬礼するアトム少佐の写真が、グラビアに載っていました。
飾緒の付いた短い軍服は、かっこ良く、ズボンを穿かない下半身は、タイツ、ブーツと言う、アバンギャルドな感じのアトム少佐の敬礼姿に、テレビを観たいと思ったものです(笑)。瀬川少年は、当時としては、異様に脚が長かったので、タイツも似合ったのでしょう。
再放送は、観れたので、私は、もう中学生になっていましたが、アトム少佐を夢中になって応援しました。

この記事へのトラックバック