ドボン!救済案

画像好評開催中の「炎の十一番勝負!」

先週は、圧倒的一番人気のジェンティルドンナが優勝した事で、59名のお仲間さんが的中してワンショットをゲット!

まだ、二番目のG-Ⅰで、82名の参加者中59名がワンショットを獲得。後半になればなるほど参加者が増加するだけに、後半のG-Ⅰなら間違いなくブエナビスタ号の記録(113杯)を抜いていた可能性が高い(ちなみに、ハナ差二着のヴィルシーナ号が勝っていれば的中者七名でした)。

さて、そんなお店からのワンショットをお客様同士で取り合いしてもらおうと言う発想から始まったのが「明日のの鉄板!」

ハイリスクローリターンの危険なゲームでありながら、そのハラハラドキドキ感が堪らなくて中毒患者が増える一方で、同じ人が続けてドボンしてこちらの予想を上回る負債を負う事態になっている事に、今は頭を痛めています。

何とか救済措置はないものか?

何人かのお仲間さんと相談した結果。考え出した救済案が、ドボンのリミットを九杯から五杯に変更しようと言うもの。

頑張っても、一週間に獲得できるワンショットは、一杯か二杯(めったに三杯四杯ゲットするお客様はいらっしゃいません)。一度ドボンしてしまうと、取り返すのに一ヶ月も二ヶ月もかかってしまうのが難点でもある鉄板のルール。

それに、鉄板には、被せ投票と言うルールがあり。先に書いた馬を後から被せてもらうと、ドボンを免れると言う特典があるが、リミットを九杯から五杯に変更する事によって、「二人目ドボン」と言う危機感が生じ被せてもらって安泰と言う感覚も薄れると言う相乗効果がある。

ただ、弊害もあって、今までドボンすると「凄い被害」と、言う緊迫感かあり、ドボンしたくないと言うハラハラドキドキ感が人気の秘密だったと言うお仲間さんも少なくなく。リミットが五杯になると、「ドボンしても、せいぜい五杯まで」と、言う安堵感から、今迄のドキドキしたスリルを味わえないと言う意見が多いのも事実です。

何とか、ドボン被害者を救済したいと対策を練っている毎日ですが、せっかく盛り上がっているイベントに水を差す事だけは避けたい。

「ハイリスクローリターンこそ鉄板の醍醐味」と、言うお仲間さんとの狭間で悩んでいます。

リミット五杯に賛成のお仲間さん、または反対のお仲間さん、是非、ご意見をお願いいたしますm(__)m

皆様のご意見を参考の上、決定したいと思います。

さて、昨夜は、炎の十一番勝負で、ワンショットを獲得したチカくんさん啓太郎さん。ウェルカムドリンク(越乃寒梅)の恩恵もあってワンショットは鉄板の貯金。一方、先日ドボンしたKEIさんは、鉄板の借金返済へ(笑)。

そして、酒飲みッキーさんは、十一番勝負!の参加投票(最初の一回だけ店頭で投票して頂ければ、二回目以降はネットで投票できます)。

今年度のPOGで、未だ出走がない三羽烏(やっちんさん、啓太郎さん、ハヤヒデさん)の一人啓太郎さん

「十一番勝負のワンショットじゃなくて、PO馬勝利のワンショットをゲットしてくださいね」と、言うと「僕の牝馬二位の馬(ローズヒル号)、地方で勝ってますよ」と、胸を張る。

言われる通り調べて見ると・・・

確かに、9月20日の門別競馬3レース10万円以下で、ぶっち切りの優勝!(クラス10万円以下って・・・)

昨夜は、啓太郎さんのPO馬レースを見て乾杯♪(得点もワンショットもありません)

早く中央で、初勝利を挙げてくださいね(昨年も只一人未勝利でした)。

一方、チカくんさんは、先週の土曜日に期待のPO馬(スイートメドゥーサ号)が、りんどう賞に出走(1番人気)するとあって、現地応援。

首位を走る「ポイントダービー」も、全力投票。馬券も全力投票。鉄板は、「絶対勝つから・・・」と、先に投票していながら、後から投票したよっぴぃさんに被せ投票してレースに挑んだものの、スタート直後に落馬でジ・エンド。

「馬券はやられるし、ポイントダービーは外れるし、ドボンは喰らうし、おまけに調教再審査で一ヶ月の出走停止。ジュベナイルが駄目になりました」と、意気消沈のチカくんさん。

確か、落馬でドボンしたのは、障害でドボンした蒼い酔聖さん以来。平場競争では、初の出来事ではないでしょうか?

しかし、まだまだPOGは、序盤戦。一頭もデビューしない三羽烏のお仲間さんの事を思えばまだまし。

さて、最後までPO馬未出走が続くのは、どのお仲間さんでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック