所詮G-Ⅲやから・・・

画像昨夜も、足元悪い中を、たくさんのお仲間さんに、お越し頂き、ありがとうございますm(__)m

願わくば、電話を頂きながら、結局お越しにならなかったターちゃん(私の同級生)、加枝ちゃんが帰った後で「Justiceが加枝ちゃんに、会いたがってた・・・」と、お電話頂いたハリーさん。電気を消そうとした瞬間に来店されたMさん

結局「改めて来ます」と、言う事になったが、もう少し早く来て頂いていたら、加枝ちゃん復帰後初の大入りとなっていたのですが(笑)

さて、昨夜も、今週から発売開始のウイン5と、皐月賞の予想で、盛り上がった夜。

そして、週末の夜と言えば「明日の鉄板!」

珍しく積極的に鉄板に投票する駿編集長、初の四頭出しのTKO倶楽部君に対し、「鉄板は、卒業!勝っても一杯しかもらわれへんのに、負けたら九杯いかれるので、分が悪い」と、KEIさん

言う事が駿編集長と入れ替わったみたいだ(笑)。

画像そんなKEIさん。来店されるなり、「ラー、ラー、ラー」(トーセンラーの事)と、握手をし捲くる。駿編集長の本命もトーセンラーである。

事はオルフェーヴルの話になり「あんな馬が人気するっておかしい!みんな競馬知らんのと違うか!トーセンラーは、33秒の末脚があるのに・・・」

「確かに、前走では、33秒の脚があるけど、その前二走は、34秒台。オルフェーヴルの方が確実に33秒使っていて、トーセンラーの勝ったレースでも、上がりタイムは、オルフェーヴルの方が速いし」と、言われ・・・

「所詮G-Ⅲやろ。トライアル組の方が強いに決まってる」と、KEIさん。

「いや、G-Ⅲは、トーセンラーや! オルフェーブルの方がG-Ⅱ勝っているし、トライアル勝ちで、トーセンラーのきさらぎ賞は、単なるステップレースで、トライアルでもなんでもないし」と、駿編集長とTKO君にやり込められて、グーの根も出ないKEIさん。

「でも、トーセンラーの方がつ・よ・い・と・お・も・う・け・ど・・・」と、段々声が小さくなって来たKEIさん。

「なんか、KEIさんの説得力のない解説に、段々自信がなくなって来た」と、言うのは、「駿」新聞で、トーセンラーに◎を打っている駿編集長。

一方、TKO君は、トーセンラーは「ビタイチ買わない」とか?

帰り際二人に「所詮G-Ⅲやから・・・」と、言われKEIさん「あかん!失敗した」データ組にデータで勝負しても勝ち目はありません(笑)。

「枠なんか関係ない!」と、言ったKEIさん。大外回って33秒台の末脚で、直線ごぼう抜き! 父を超える末脚に期待ですね。

写真は、駿新聞に掲載されているオーライさんの予想「俺の話を聞け!」
彼の予想は、内枠絶対の予想です。

さて、皆さんお待ちかね私の皐月賞36連敗の予想は、明日の勝負レースとして公開します。お楽しみに♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック