告白はウインズ、プロポーズは阪神競馬場

画像昨日の勝負レースも見せ場なしの惨敗。スランプもここまで来ると重症だ。

前走負けたと言っても0.2差。ゲートで出遅れ他の馬が馬場のいい外へ持ち出したのに対し、外を回っていては間に合わないと馬場の悪い最内を只一頭突っ込んでの結果。ハンデ戦で、背負った斤量もエアシェイディの次に重い57.5キロ。今回は別定戦で、たとえ0.5でも軽くなる。しかも、前走で先着された馬は、軒並み2キロ増。距離の2000m、1-1-0-1で、唯一の着外は、先に述べた前走の0.2差。阪神の2000mは、一戦一勝で、その時負かした馬の中には、G-Ⅰホースのフサイチリシャールがいる。開幕馬場も、逃げた事があるぐらいだから出遅れなければ好位につけられる。逃げるコスモプラチナをキャプテントゥーレ、サンライズベガが追いかける形で、展開も向く。

画像これだけの条件が揃っていたのに・・・

ゲートが開くと、出遅れもしていないのに、ズルズルと後方に下がり、一コーナーを回る時には最後方。いくらやや重の馬場でも前半の千M通過が一分一秒前後で、最後方にいたんでは届く訳がなく、案の定、四コーナーでは、大外にぶん回され万事休す。あれなら、腹を括って前走のように、最内を突いてくれる方が可能性もあったのに・・・


いくらボヤいても後の祭り。そんな馬を軸に馬券で勝負した私がバカだっただけですから・・・気分を取り直して、今日の競馬で巻き返したい。

さて、昨夜は、恒例となった「お誕生会」。主役は、写真のお二人・負け組みの晩餐さんミッドタウンさん

どちらが、負け組みの晩餐さんで、どちらがミッドタウンさんかわかりますか? 私にはわからない。マイコースターを間違えて置いたぐらいですから(爆)。

昨夜、負け組みの晩餐さんが来られたのは、午後十一時半。

画像もう少しで、ミッドタウンさんがお帰りになるところだったので、ギリギリのところで、二人のツーショット写真が撮れました。本日(13日)で、27歳になるミッドタウンさん。昨夜は、0時になると同時にお祝いの乾杯をしてお帰りになりました。

写真前列は、ミッドタウンさん&Kanonさんのご夫婦。後方は、奈良の変態王・まっちゃんさん土曜日のマドンナ・加枝ちゃん

いつもは、賑わう土曜日の夜も、キャロット募集馬ツアーと、タイガースのナイター、悪天候にお客様を奪われて参加者の少ないお誕生会となりました。

加枝ちゃんが、「うわぁ~ケーキが立ってる」と、大喜び♪

主役や参加者の多い、いつもの誕生会では、ケーキが薄くなって倒れてしまうのですが、昨夜は、参加者少数で、「得した」と、お仲間さんも大喜び。

画像そう言えば、昨夜も初来店のお仲間さんがいらっしゃったのですが・・・

「明日の阪神競馬に行く為、今日こちらに来ました」と、ホームページで見つけた私の店を訪ねて来られたのですが、あまりご自分の事を仰らないお客様で、イベントにも参加せず、誕生日パーティーの始まる前に帰られました。

ご存知の方も多いと思うのですが、Kanonさんは、当店の元祖・水曜のマドンナ。昨夜は、「あのお客さん。また来てくれるかなぁ~」と、心配してくれました。

それにしても、仲のいいミッドタウン&Kanonご夫婦。昨夜、初めて知ったのですが、Kanonさんのお話によると「告られたのは、ウインズの帰りで、プロポーズされたのは、阪神競馬場」だそうです。

写真は、昨日の阪神7レースに出走したピエナエイム号。圧倒的な一番人気に支持されたのですが、直線前の馬が壁になり追えずようやく追えたのはゴール50M手前。時既に遅しでした。次走に期待です。

そして、もう一枚の写真は、TKO君の的中馬券。三連単で当てながらトリガミでした(笑)。

最後に、昨夜で締め切りました「灼熱の十一番勝負!」最終戦・セントウルステークスの投票結果についてお知らせいたします。

全参加者 181名 今回投票者 43名(無効投票 10票)

一番人気は、4票を集めた二頭(スズカコーズウェイ、メリッサ)でした。

そして、3票組は、ローレルゲレイロ、サンダルフォン、イースター、コスモベルの四頭。

2票組は、ソルジャーズソング、カノヤザクラ、スリープレスナイト、アポロドルチェの四頭。

そして、その他の五頭にすべて投票が入りました。

ちなみに、私は、一着二着なら文句無し、三着なら微妙と、優勝の可能性があるイースターに投票。

本日、午後三時三十五分ゲートオープン♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック