大西洋さん、貫禄の決勝打!

画像昨日は、約二年振りに草野球へ参加。

「強力助っ人」として、某野球名門校野球部0Bの大西洋さんを誘って参戦。

以前参加した休養前では、内野の合計年齢が300を越えると言うとんでもないチームでしたが、「今年は、若手がやる気を出して来ている」と、連絡を受けていて、昨日の二試合を含む公式戦の残り試合を二勝二敗で行けば、プレーオフへの進出が決定する。
どうやらリーグ三連覇した頃のチーム状態に戻りつつあるようだ。

グランドに行けば、昨年までの「九人揃わない」と、救援信号が出ていたのが嘘のような十七名のチームメイト。「グラントが空いてたら、もう一試合紅白戦が出来る」と、言う充実振りだ。監督も選手起用に頭が痛い。

一試合目は、最後の最後まで接戦の末。3対2で辛勝。二試合目は、三回まで、1対1の接戦だったが、終わってみれば11対1の大勝。その口火を切ったのが、大西洋さんである。さすが、元名門校野球部のOBを思わすポテンヒット(笑)で、勝ち越しの二点目が入り。「強力助っ人」のフレコミで連れて行った私も鼻高々。

画像その私はと言うと、約二年振りに立つバッターボックスには、大きな試練で、ちょうど真ん中に太陽が入ってボールが見えない最悪の状況。相手キャッチャーが三度変わると言う異例の事態でした。

「大丈夫か?」「大丈夫!俺も見えへんけど、バッターもっと見えへんから・・・」こんな言葉が飛び出す状況下での打席は大きな試練である(言い訳)。

第一打席は三振。第二打席は四球(三塁まで行き、サードゴロでホームに突っ込んで憤死)。ちょっと不完全燃焼でしたが、二年振りのレースとしては、上出来?

それでも、久し振りの野球は最高でした↑

さて、チームは、今月26日の公式戦を経てプレーオフに進みます。三連覇した時の若手が帰って来た今、四年振りの優勝も夢ではないムードになって来ました。日曜日にやるプレーオフには、多分、応援には行けないけど吉報を待ってますよ♪

今年の忘年会は、優勝祝賀会になる事を祈ってます。

写真は、我がチームの下柳こと、56歳のエース伊藤氏と、決勝点を叩き出したヒーロー大西洋さん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック