今月22日より、2008年度POGドラフト会議参加希望者受付

画像今週末は、いよいよクラシック第一弾の桜花賞

ダービーからダービーへ。一年をかけてのイベントPOG(ペーパーオーナーゲーム)も、残り二ヶ月。ここからが本当の戦いである。

今年は、牡馬も牝馬も主役不在の大混戦。ゲートに入ればチャンスはあるとどの陣営も野心あり。まだまだ一発長打で逆転を目論んでいるお仲間さんも多数いらっしゃるのではないでしょうか。

「うちの厩舎には、オープン馬がいない」そんな残念なお仲間さんは、すでに来年度のPO馬選びを心掛けているのかも?

さて、毎年安田記念の前夜に行なわれる「POGドラフト会議」ですが、年々増加傾向にある参加者ゆえ、ドラフト会議への参加も厳しくなって参りました。

そこで、ドラフト会議の参加条件をお知らせいたします。

第一シードは、昨年度の参加者です。

これは、ドラフト会議の前に、表彰式及び祝賀会が行なわれる関係で、最優先されます。ただし、「来店ポイント」に減点のある方は、シードから外れます。今年も五名のお仲間さんがこの条件に該当いたします。

初参加のお仲間さんは、今月22日から受け付けるドラフト会議参加受付にエントリーをお願いいたします(もちろん、第一シードのお仲間さんもこの日より参加受付を行ないます)。

参加受付は、定員になり次第締め切り、出席者を決定いたします。

それでは、ドラフト会議に参加できなかったお仲間さんで、POGに参加希望のお仲間さんの参加方法は?と言うと、

代理投票(投票希望馬のリストを事前に提出し、参加者に代理投票をお願いする方法)
後日投票(ドラフト会議終了後、二歳戦が始まるまでの期間に会議で選出漏れした馬の中から投票して参加する方法)

以上、二つの参加方法があります。①では、参加者の協力が必要と言う事で、運良くドラフト会議に参加できたお仲間さんには、ご自分の投票以外に、一名だけ代理投票をして頂くようお願いいたします。尚、参加者が予想を遥かに超えた場合(会議参加者の依頼も一人一名が限界なので)は、②の後日投票のみの参加に限定させて頂きます。

さて、クラシック第一弾・桜花賞では13頭のPO馬がエントリー(内六頭は出走権利獲得)。否が応でも盛り上がりますよね。出走が叶わなかったメンバーも、お仲間さん(団体戦同枠)のお馬さんを応援してあげてくださいね♪

写真は、先日お誕生日を迎えたお仲間さんのマイコースター。そう、昨年のPOGで、ユキチャンを死に物狂いでゲットしたあの方です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック