コスモバルクで、最後の一撃

画像ラストステージとなった炎の十一番勝負~有馬記念。

ディープインパクトvs古馬。果たして、ディープは、古馬をも撃破して、文字通りの日本一の座を勝ち取る事ができるのか?

私の評価は、ディープが勝つと見ている。その根拠は、古馬牡馬があまりにも不甲斐ないからである。今年のG-Ⅰレースも、やる度に勝ち馬が変わる戦国模様。牝馬同士の競争で、勝てない牝馬が、牡馬混合のG-Ⅰで健闘している。秋の天皇賞などは、四頭しかいない牝馬の内三頭が掲示板に載った。昨年、天皇賞、ジャパンC、有馬記念を連覇したゼンノロブロイにも昨年の勢いがない。

ディープが強いと言うより、古馬が弱いと判断したのだ。ただ、お店のお客様の評価は、以外にも、「ディープ絶対とは言えない」と、言う声が多い。その根拠のひとつに、古馬と初対戦と言う大きな難題があるからだ。「三冠馬の出る年は、レベルが低い」と、言う声もよく聴かれる。確かに、レベルの高い世代は、三強、四強と、凌ぎを削りながらレベルをアップさせていくものである。

先日の阪神牝馬ステークスでは、圧倒的人気を集めたラインクラフトが、古馬に負けて四着に沈んだ。勝ったのは、天皇賞で、唯一掲示板に載れなかったアドマイヤグルーヴ。ラインクラフトと言えば得意のマイルなら、牡馬混合のG-ⅠであるNHKマイルでも、牡馬を寄せ付けなかった女傑である(二着も牝馬)。それが、古馬混合となった秋競馬から、マイルCS三着、阪神牝馬S四着では、レベルを疑いたくもなる。

画像マイルCSで、先頭に踊り出た私も、以後の足踏みが響き、現在六位。上に五人もいるんじゃ、まともな馬を投票しても、勝ち目はない(上位に同じ馬を投票されると優勝の芽は断たれる)。

非公開となる最終投票で、私一人が、投票内容を知る立場として、本日、お客様に投票馬を発表しなくてはならない。上の五人とダブる投票では、レースでの楽しみがなくなるので、誰も投票しないような馬を選ぶしかない私の立場。JRAのCMが何故か?「ラストラン」。ラストランとなったアドマイヤグルーヴが、先週引退レースを飾った。来年度から種牡馬生活に入る為、これがラストランとなるゼンノロブロイやタップダンスシチーにも、人気が被るだけに投票できない。

それなら、ディープにとって、一番競馬のやり難い中山競馬場で、一番いい競馬が出来たのは、北海道の星コスモバルクだ。決めた!私の投票馬は、コスモバルクで行く。

今でも、ディープが勝つと信じている私の捻くれ投票だ。

写真は、我が家のリビングから見下ろしたルミナリエ。今年のルミナリエは、凄く綺麗です。ただ、規模縮小?明らかに、昨年より小さくなっています。(下の写真が昨年のルミナリエ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

109
2005年12月21日 07:12
かなり無理のある理論ですね。マイCS1323のラインクラフトをつかまえてそれに負けた牡馬はレベルが低いとは。香港ヴァーズのシックスセンスの好走はどう説明するのでしょうか?ダービーレコードの扱いは?

この記事へのトラックバック