第11回ポイントダービー閉幕。八代目横綱は、大逃げ圧勝のシアトルさん

画像
今回も、最後の最後まで、熱いバトルが繰り広げられた「第11回ポイントダービー」は、開幕三週目で先手を奪い、大逃げの作戦に出たシアトルさんが、そのまま後続を振り切って逃げ切った。

最終週を迎えた先週は、ベスト20位までのメンバーが勢揃い(一部を除き)。「由緒あるイベントを楽に優勝させてはいけない」と、泊まり連闘で来店の109氏。「ここまで来たら優勝を狙いたい」と、やはり泊まり連闘でキングオブケン氏もライブ投票へ。前回、ヒシミラクルの縫いぐるみをゲットして、「もぅ、縫いぐるみはいらない」と、密かに優勝を狙うタボちゃん。炎の十一番勝負で逆転優勝を許し、今回は逆転優勝を狙うとんとんさん。二位死守(何故か?投票は、一位に届かない)に必死のマッキー君。前回、奇跡的な鬼脚で、まとめて差し切ったTKO君も虎視眈々と優勝を狙っての来店。

最終日のライブ投票では、ほとんどのメンバーが、「アドマイヤカリブ鉄板!」の下馬評高い函館二歳ステークスに投票が集中。「三連単一着固定で勝負できる!」と、組みし易いレースと読んだようだ。仮に、アドマイヤが突き抜けていたなら、逆転したお客様も数名いたのだが・・・あいにく大本命と思われたアドマイヤカリブ号は直線伸び悩み、まさかの三着敗退。この結果に喜んだのは、新潟10レースに、いち早く勝負を賭け、上乗せ失敗で防衛戦を迎えたシアトルさん只一人?

「最後まで、勝負はわからない!」と、帝王(109氏)が、力技に出た。「はくぼ競馬はいいね。まだ、6レースも勝負できる」と、使い果たしたポイントを獲得する為に、ボトルキープの作戦に出た。

彼は、以前もクロヴァジェ四本とハーパー一本(彼は、これを勝利のハーパーと呼んでいる)をキープして、ボトルポイントでポイントを確保。逆転優勝に賭けた大会があった(結局、ハナ差届かず準優勝に終わったが)。この時の個人売り上げは、愛馬がGⅠ優勝で、ロイヤルサルートを卸して「振る舞い酒」をしてくれたタイムオーバーさんを抜いて、当店の最高記録である。当時、二位景品のいいちこを合わせて、六本となったキープボトルは、飲み干すまでに数ヶ月を要した。

「いいちこと黒霧島を卸して・・・これで60Pキープ」撃沈。「クロヴァジェ卸して・・・50P確保」撃沈。そんな事を繰り返すも、最後の最後まで空振り三振。「あー、ぼうずだよー」と泣きが入る。

「マスターの口車に乗せられて、ボトルを大量に卸させられたと、掲示板に書いてやる」と、レースに負けた悔しさの捌け口をこっちに向ける109氏。冗談じゃない!先にもらうか、後でもらうかの違いで、結局このボトルが空くまで、次卸してもらえないんだから・・・(保管場所も大変なんだよ)

そんなこんなのドタバタ劇も、シアトルさんの逃げ切りでフィナーレを迎えたポイントダービー。優勝されたシアトルさんを始め、入賞されたお客様おめでとうございます。今回から、ブービー賞(ブタ野郎)のトロフィーを作り、歴代のブービー賞を獲得されたお客様の名前を書いてリボンを吊るす予定でいましたが、前回から決定した「投票忘れ救済措置」で、得点同数のお客様が多数発生し、ブービー賞を特定できないと言う弊害が発生。次回からは、「救済措置」の制度は、取り止めと致します。皆様においては、投票忘れのないようよろしくお願い致します。尚、景品お渡しの期間は、いつも通り一ヶ月。九月八日までに、ご来店ください。よろしくお願い致します。

<写真は、土曜日の「キングオブケン&Angeお誕生会」での記念撮影です>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック