K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画館を独り占め

<<   作成日時 : 2018/03/01 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像いつものように定休日(火曜日)に、日記を書き溜めています(既に三本執筆)。

浜田省吾の映画以来、映画づいている私。

と、言うか26日からのフランス旅行を控え遊人が休日返上で仕事をしているので、せっかくの休みも遊んでもらえません(映画一本見るのがやっと)。

「頑張ってみるけど、六時やったら余裕で間に合うと思う」

画像この時点で、三時の映画は無理と思っていたが、一応墓参り等用事を済ませて二時過ぎから自宅待機。

予想通り三時になってもLiNEなし。六時放映にスライドfは予定通り?それでも、念の為ネットでのチケット購入はLINE待ち(過去の事例から)。

午後五時過ぎ「今から湾岸線に乗る」「えっ?まだ湾岸?六時間に合うんか?」「頑張る」

結局間に合わず、食事して最終のレイトショーとなりました(汗)。

画像おかげで、初体験。

なんと!観客ゼロ。映画館を貸切で観ました(笑)。

上映時間が午後九時から十一時過ぎと言う時間帯もあるけど、一番大きなシアターで上映する人気映画だけにびっくり。

予告編が終わり、鑑賞の注意事項の映像が流れても誰も入って来ず。

携帯のバックライトも迷惑にならないし、おしゃべりしても誰も文句言わないし、前の席を蹴っても誰にも怒られません(笑)。

貸切と言えば、昔有馬温泉内にあったわんわんランドに行った時も、わんわんサーカスを貸切で観た経験があります。

平日の昼間とは言え、入場した時から閑散としていて、入場者より従業員の方が多いのと違うと思ったほど。

わんわんレースも、観戦したのは、私達と一組のカップルのみ。「最終公演のサーカスを見て出よう」と、四時開演のサーカスで入口のお姉さんの顔が「あ〜来ちゃったよ〜」と、言うような顔をしてた(と、思った)ら、観客席は私達だけ。 ごめんね〜私達が来なかったら公演しなくて済んだのに・・・なんか気の毒。

「どなたかお手伝い頂けますか?」

観客を交えての曲芸では誰も観客がいなくて私達に向かって「お手伝い頂けますか?」と、家内がステージへ。

皆様の予想通り?翌年わんわんランドは閉演となりました。

昨夜の映画は東野圭吾のサスペンスミステリー。凄く切ない映画でした(いい映画でした)。

ところで、映画は、誰も観客がいなかったら上映中止になるのでしょうか? もしかして、少し遅れても途中から観に来るお客様もあるかも知れないので、観客ゼロでもフイルム回すのでしょうかねぇ。

わんわんサーカス以来の貸切。終わりかけの映画や一番小さいシアターならあり得る話だが、一番大きな劇場を貸切で映画を満喫。

しかも、映画と食事代は、「お詫び」と、言う事で遊人の奢り。なんか得した一日でした♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画館を独り占め K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる