K−BAR「マスターの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS マスターの夏休み Vol 2

<<   作成日時 : 2017/08/04 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
旅行二日目(八月一日火曜日)。

今回の旅行は、遊人への誕生日プレゼント。

行先から目的地は、すべて遊人主導。三日間の予定は、遊人のリクエストによるものです。

ただし、火曜日の午後からは、私に付き合ってもらう予定でした。

その火曜日の目的地がまだ一度も訪れた事のない門別競馬場。

二年前、お仲間さんと四泊五日の馬産地中心の北海道旅行をした時に、門別競馬場の前を通ったのですが、「開催中ではない」と言う事で、前まで行きながら入ることが出来ず。今回、開催を確認しての遠征。

念願叶って、十一場目の地方競馬制覇(JRAは全場制覇)。

さて、門別はナイターと言う事で、お昼過ぎまでは遊人のお付き合い。

当初、層雲峡を予定していましたが、時間に無理があると言う事で、富良野経由で門別に向かう予定に変更しました。

画像
あっちこっちのお花畑(ファーム)で途中下車しながら南下のドライブ。

ラベンダーはもう季節的にピークを過ぎていて、他の花がカバー。写真で、右がラベンダー、左はサルビアです。

画像
おっさんの写真ばかりでは。むさ苦しいのでラベンダー畑の遊人のワンショット(遊人日記初登場)。

画像
アルパカ牧場で餌やり体験。ツバをかけられないよう気を付けなければ・・・

画像
トラクターのリムジンで花畑を一周。乗車しているのは、九割が外国人観光客。異国ムード満載です(笑)。

運転手のおじさんにツーショット写真を撮ってもらいました。

画像
このブログをご覧になっているお仲間さんは、今までの写真なんて、どーでもいいですよね(汗)。

お待たせしました。ここからは今回の旅行最大の目的地「門別競馬場」。

画像
午後三時半。

予定より早く到着したのはいいけれど、どこを探しても資料(競馬新聞)を売ってる場所が見つからず、仕方なく「ここは直感で」と、主催者発行の出馬表と相馬眼が頼り。

初めて競馬場に来た遊人が、パドックで馬を見て「@番とC番の馬がいい」と、言う事で@番とC番の単勝馬券を購入。

画像
なんと!見事@番が一着で的中!

しかしながら、1番人気の勝利で、その配当は200円。損はしてないんだけど・・・

画像
いきなりの的中に気を良くして、大画面前に座ってオッズを見る私に、「馬を見ないとわからない」と、「馬を見てもわからない?」私を強引に連れてパドックへ。

配当が安いので、ワイドや馬連に挑戦するも、以後さっぱりの遊人。

画像
私も、二レース目で三連複的中も、その配当は330円。えっ?軸のA番人気なかったじゃん。確かに勝ったF番は1倍台の断トツ人気だったけど・・・

画像
「ねぇ、私の見間違いかも知れないけど、この仔だけ13歳?」

確かに、二歳から五歳中心のメンバー構成で、七歳馬はいるものの十三歳歳は異例中の異例。しかも、そこそこ人気してる・・・この年まで現役で走らせてもらっているんだから強い馬なんだろうけど・・・

「よし!この馬(キングテースト号)から買おう!頑張れ!お婆ちゃん」結果は、九頭立て八着でした。

画像
「もう帰ろう」

初挑戦、初的中以来さっぱりの遊人が意気消沈。

この日は、断トツの1番人気が期待通りの走りを見せて平穏なレース。配当も三桁がズラリで、穴党の私も出番なし。

「次のレースで出ようか」と、7レースで門別競馬場を後にしました。

画像
場内では、ジンギスカンを食しながら競馬を楽しめる場所もありましたが、まだナイター前の時間で、一組しかやってませんでした。

画像
競馬場を出る頃、ようやく照明が点灯して、グランシャリオナイターへ。駐車料金も入場料も無料は良かったけど、競馬新聞が売ってなかったのは残念(どこかで売っていたのかも知れませんが)。

「門別で、飛行機代を取り返す!」と、豪語していた遊人。野口さんを一枚競馬場に寄付して、後にしました。

画像
そして、私達は札幌のホテルにチェックイン後、狸小路へ食事に。

今夜の夕食は、ジンギスカン鍋。

北海道に来れば、北海道の名物を食しないと・・・

この後、藤田伸二元ジョッキーがオーナーのfavoriに向かうべく予約電話を入れたところ「今、予約で満席なんで十時頃お電話頂けますか?」とのバーテンさんの返答。

先週、チャッピーさんがお邪魔していて、来週私が行く事を告げてくれていて「札幌開催の時は、関係者がたくさん来られるので、予約のお電話を頂いた方がいいですよ」と、聞いていたので、お店のオープン時間に電話を入れたのに満席(汗)。仕方なく、一度ホテルに帰る事にした。

画像
十時に電話して「満席」って言われたらどうしよう・・・

せっかく神戸から来て、次いつ来れるかわからないのに・・・(神戸で買って来たおみやげ持って帰れないし・・・)

もし、「満席」って、言われたら「神戸から来て、どうしてもお邪魔したいんで、お席が空いたらお電話頂けますか?」と、お願いするつもりで電話を入れると「何とかします」と、席を作ってくれるようです(最初だけパイプ椅子でした)。

画像
「遠いとこからようこそ。ご夫婦?」「いえ、遊人です」

そんなご挨拶で迎えてくれた藤田オーナー。

「今日は、運がいいよ。黛ジョッキーも来てるし、菱田ジョッキーも来てるし、あんかつさんもいるし、さっきまで柴山ジョッキーもいたんだけど、明日門別で乗るからってさっき帰った」と、藤田オーナー。

明日、門別で騎乗か・・・今日、門別に行ってたんやけど・・・(金沢所属の吉原ジョッキーが乗ってました)

画像
店内は、藤田ジョッキーが現役時代に制したG−Tのパネルや記念品が飾られ、「これ凄いですよ!」と、お隣に座られている地元の競馬ファンの方から回って来たのがスーパージッキーシリーズに出場した全騎手のサイン入りゴーグル。競馬ファンにとっては、大変な宝物です。

写真はあんかつさんとのツーショット。あんかつさんは、現在北海道にお住まいで、藤田ジョッキーのお店から自転車で五分のところにお住まいだそうです。

画像
「みんな、明日調教なのに、こんな時間まで飲んでるんだから・・・」と、藤田オーナーの一声で、ぼちぼちと帰りだしたジョッキーに一声掛けて写真をお願いした私。完全にミーハー親父になってます(汗)。

「いつも横断幕出しに来られてるお父さんと、お友達のお客さんがいるんですよ」と、声掛けると「応援よろしくお願いします」と、菱田君は謙虚な好青年でした。

画像
黛ジョッキーには、「いちまるさんとコラボでバンドされているんですよね」「えっ?はい!」と、何で知ってるのと言う表情。

「いちまるさん、お店によく来て頂くんですよ」「どこのお店ですか?」「神戸の競馬BARなんですけどね」

「あっ、ほんとだ。Tシャツに書いてる」(K−BAR Tシャツを着て行って正解でした)

画像
「ダービーのカップを持って写真撮ろう!」と、声掛けてくれた藤田元ジョッキー。

最高のお宝写真が出来ました♪

遊人に「最年少でダービーに勝った凄いジョッキーなんやで」と、言うと「なんかよーわからんけど、凄い人やって言うのはわかった」と、素人なりにオーラは感じたようです。

以上、本日の日記終了。私にとってのメインレースは終了。明日は、最終レース(八月二日水曜日)の模様をお伝えいたします。



【名入れ専門】【名入れギフト 陶器】NEW有田焼 手作り開運《竹》ジョッキ 単品
名入れギフト専門 エンジェリック
従来の竹ジョッキも非常に人気でしたが 今回別の窯の職人様にお願いをしまして、よりリアルに近づけた 本

楽天市場 by 【名入れ専門】【名入れギフト 陶器】NEW有田焼 手作り開運《竹》ジョッキ 単品 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【名入れ専門】【名入れギフト 陶器】父の日 有田焼 刷毛目和心カップ 焼酎ギフトセット
名入れギフト専門 エンジェリック
シンプルな丸型のカップに職人が手作業で刷毛で模様をつけたカップがなんとも陶器らしい絵付けで素敵な仕上

楽天市場 by 【名入れ専門】【名入れギフト 陶器】父の日 有田焼 刷毛目和心カップ 焼酎ギフトセット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ギフト 高級銀製ビールタンブラーLサイズ 送料無料/お中元 ギフト【月間優良ショップ受賞】
中国茶専門店リムテー
RIMTAE(リムテー)のギフトは様々な場面で活躍します ?季節のイベント? 母の日・父の日・お中元

楽天市場 by ギフト 高級銀製ビールタンブラーLサイズ 送料無料/お中元 ギフト【月間優良ショップ受賞】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マスターの夏休み Vol 2 K−BAR「マスターの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる